WhatsAppのコロナ対策 メッセージ転送できる相手が5人から1人に減少

  • author そうこ
WhatsAppのコロナ対策 メッセージ転送できる相手が5人から1人に減少
Image: Tero Vesalainen / Shutterstock.com

これ妙案だ!

Facebook傘下のメッセージアプリWhatsAppが、メッセージの転送可能数に制限を設けました。これは、新型コロナウイルスに関するデマ拡散への対応策。5人以上に広く拡散されチェーンメールと認識されたメッセージは、転送できる相手の数が5人から1人に減少する処置がとられます。アメリカ現地時間で7日火曜日に転送制限が発表され、すでに施行されています。

WhatsApp公式ブログでは、メッセージ転送数が著しく増加しており、それがユーザーの疲弊やデマ拡散の助長をしているため、転送数制限を設けたと説明しています。

WhatsAppは、2018年7月にメッセージ転送数に制限を設けるテストを実施。この結果を受け、今年1月に正式に転送数は5件までに。また、転送メッセージが一目でわかるようにダブル矢印アイコンを表示するなど、常に誤情報拡散防止対策に取り組んでいます。今回の転送先1件のみは、それをさらに厳しくした形。

人と人との接触8割減で感染収束と言われ外出自粛を呼びかけていますが、ネットのフェイクニュースもリアルの対策と似ていますね。

Source: WhatsApp via The Verge

    あわせて読みたい