富士フイルム「X-Hシリーズは継続します」

  • 7,947

  • author ヤマダユウス型
富士フイルム「X-Hシリーズは継続します」
Image: Artom Pesetsky / Shutterstock.com

ありがてぇ、ありがてぇ…!

みなさんお待ちかねであろう、富士フイルムのハイエンドミラーレス「X-T4」。X-Tシリーズ初の5軸ボディ内手ブレ補正(IBIS)の威力を、その手で確かめたい人も多いでしょう。発売日の4月28日ももう少し。

一方で、Xシリーズ唯一のIBIS持ちだったフラッグシップモデル「X-H1」は、海外ではディスコンになったり値段もこなれてきたり、シリーズ継続が疑問視されていました。X-Hシリーズ、おまえ…消えるのか…?

と思っていたらば、THE MAP TIMESに掲載された富士フイルム総括マネージャーの上野隆さんいわく。

(中略)私達としてはX-Hシリーズは引き続きTシリーズとは違うコンセプトで今後も継続して行こうと思っていますので、そこは絶対に差別化を図らなければなりませんでした。


(中略)ですから、X-HシリーズはX-Tシリーズとは明確にコンセプトが異なるカメラにしていきたいと考えています。動画機能も含め、撮影目的や撮影シーンも異なるユーザーを想定しています。単なるデザインや操作性の違いだけでは2つのシリーズを共存させる意味がありませんから。現在、そういったことを含め鋭意検討中ですので、もう少しお時間をいただければと思います。

すなわち、X-Hシリーズは終わらんよ! てっきりX-H最大のウリであるIBISをX-Tシリーズに習合させることでラインナップを絞ってくるかと思っていたら、そこは棲み分けしていく気マンマン。ガッシリ構えてタフに使えるモデルの座は、引き続きX-Hシリーズが担っていくことにいなりそうですね。

となれば、X-T4のIBISに惹かれつつもバリアングルモニターやホールド性が気になる人は、来たるべきX-H2を待つ、という判断も。その頃にはセンサーもリニューアルしてるかもですし、X-Hシリーズへの期待がムクムクと蘇ってきますねぇ。インタビュー記事もすごく面白いですよ。

Source: THE MAP TIMES via デジカメinfo

X-Hシリーズの新型 ほしい?

  • 0
  • 0
富士フイルム

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by