豊胸シリコン、銃弾から女性の命を救っていた…

  • 92,589

豊胸シリコン、銃弾から女性の命を救っていた…
Image: McEvenue, et al, Plastic Surgery Case Studies

バストアップ効果だけじゃない…?

映画では、スラリスラリと激しい銃撃戦をかいくぐっては、銃弾をよけるスターたちのアクションシーンが撮られたりしますけど、実際のところは、そんなうまくはいきません。たまにMacBookアルミボディが、持ち主を銃弾から守って、間一髪で命が救われたなんてラッキーな話があったりはします。でも、肌身離さず、いつもいつもハードなガジェットを持ち歩いてるわけでもないですしね。

ところが、どうやら豊胸手術に用いられるシリコンインプラントが、過去に何度も銃弾をはねのけ、女性たちの命を救ってきたことが明らかにされていますよ! たとえば、医学ジャーナルの「Plastic Surgery Case Studies」には、2018年にカナダのトロントで、何者かに銃撃された30歳の女性の事例を分析。歩いていると、左胸に突如として激しい痛みや熱を感じ、気がつくと、血が噴き出していたそうです。そのまま、救急治療室へと運ばれましたが…。

200512mcevenue2
Image: McEvenue, et al, Plastic Surgery Case Studies

明らかに、女性の左胸の乳首の上あたりに、銃弾で撃ち抜かれた痕跡が認められました。ところが、実際に弾丸が発見されたのは、右胸壁の下部で、右肋骨が折れている以外は、それほど大きなケガもなかったんだとか。しかしながら、女性は豊胸手術を受けて、シリコンインプラントを胸に入れており、まず左胸のインプラントで銃弾を受け止めて、弾丸の向きが変わり、そのまま右胸のインプラントへ。衝撃で右胸インプラントは、すっかり裏返ってしまってはいたものの、両胸のインプラントのおかげで、あわや心臓へと達していた弾丸がはねのけられる形で、女性は一命を取り留めたとされています。

同事例の分析に当たった、カナダの外科医のGiancarlo McEvenue氏は、似たような事例が、ほかにも4件ほど過去の文献から発見されたことを明かしていますよ。豊胸用のシリコンインプラントのおかげで、銃弾の軌跡が変わったり、貫通速度が弱められ、命を救ってきたそうです。なお、先ほどのカナダの30歳の女性ですけど、再び半年後に豊胸手術を受けても構わないとの診断結果が出て、なにごともなく退院できたみたいですけど、その後の消息はつかめていないとのことですね。やっぱり、もう一度、命の恩人となったシリコンインプラントを、胸に入れることにしたのでしょうか? ちなみに、男性の大切なところを守りたい場合は、特殊な下着も用意されていたりするみたいですよ~。

Source: Plastic Surgery Case Studies

    あわせて読みたい

    powered by