ソニーの新しいノイキャンヘッドホン、約1万4000円。もっとも買いやすい静寂ヘッドフォンです

  • 15,165

  • author ヤマダユウス型
ソニーの新しいノイキャンヘッドホン、約1万4000円。もっとも買いやすい静寂ヘッドフォンです
Image: ソニー

こういうポジション、望んでた。

海外では春に発売されていた、ソニーのノイキャンワイヤレスイヤホン「WH-CH710N」が、満を持して日本にやって来ます。発売日は6月6日(火)、価格は1万4000円前後。え、めっちゃ安くない!?

2018年3月に発売されたノイキャン搭載ワイヤレスヘッドフォン「WH-CH700N」の後継モデルにあたります。特徴を二言でいうなら、ロングスタミナデュアルノイキャン約35時間の長時間再生を継承しつつ、ノイキャン周りがまるっと強化されましたよ。

デュアルノイキャンとは、外の音を拾うフィードフォワードマイクと、耳の中に漏れた音を拾うフィードバックマイクの2方向からノイズを抑える技術。上位モデルのWH-1000XM3がもつノイキャンチップ「QN1」は非搭載ですが、シングルノイズセンサーを採用していた前モデルよりもノイキャン力がアップしています。

WH-CH710N_B_Standard2-Large
Image: ソニー

WH-CH710N_L_side-Large
Image: ソニー

WH-CH710N_W_side-Large
Image: ソニー

WH-CH710N_L_button-Large
Image: ソニー

外音取り込み機能も搭載し、操作は安心の物理ボタン。Type-C端子による充電(10分の急速充電で60分駆動)のほか、3.5mmの有線オーディオプラグ接続にも対応。カラバリはブラック、ホワイト、ブルーの3色。折り畳みはイヤーパッドを90度回転させるスイーブル式。

これ、音質とノイキャン具合が気に入れば約3万5000円のWH-1000XM3を狙わずに済むのでは? なんなら物理ボタンやバッテリーなど、WH-1000XM3に勝る点すらある。昨今のリモートワークでもノイキャンは活躍するし、「外に出ないからヘッドフォン買ってもなー」と物欲を諦めるよりも、家でもこれからの外出にも使い倒す気持ちで向き合いたい所存。物欲を諦めない、重い言葉だ(そうか?)。

ワイヤレスヘッドフォン型のノイキャンを求める人には、もっともお手頃な選択肢となるであろう「WH-CH710N」。街が再び賑わう頃には、手元に静寂があっても良いじゃない。

Source: SONY

WH-CH710N ほしい?

  • 0
  • 0
ソニー

シェアする

    あわせて読みたい