モノ作りコミュニティが生き生きしてますね〜! っていうか、人肉サイコロ…

  • 9,378

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • 福田ミホ
モノ作りコミュニティが生き生きしてますね〜! っていうか、人肉サイコロ…
Gif: Instagram

サイコロの目が、目。

世界中が外出禁止やら自主隔離やらで自宅にこもる中、メイカーコミュニティはむしろ盛り上がってる気がします。好きな画像や文字を表示できるマスクとか、絶対外さないバスケのゴール、自分に代わってZoomでしゃべってくれるAIボットなどなど、新型コロナウイルスに関係あるものもないものも、あれこれ生まれつつあります。

いつかみんなが自宅から解放される日に向けて、メインストリームのガジェットも着々と新製品を準備してるみたいですが、大手の製品はどうしても万人向けになってますよね。それに対してメイカー作品の魅力は、何といってもそのニッチさにあります。何しろこの人間の皮膚(風の素材)でできたサイコロ、しかも「1」の部分が目になってて動くやつって、誰のどういうニーズを満たすんでしょうか? 使いたいニーズというより、作りたいニーズっていうんでしょうか。「1」以外の目がホクロっぽくなってるのも、画面で見てるだけでぞわっとします。これからの人生、「サイコロステーキ」って文字列を見ても違う何かを想像してしまいそうです。でも、作りたかったんだろうなぁ…。

View this post on Instagram

人肉サイコロ作りました

A post shared by doooo (@doooo_cds) on

このサイコロを作ったのは日本のアーティストでDJの宍戸マザファカ氏、別名doooo(ドゥー)さん。彼は以前にも「人肉小銭入れ」などの人肉アイテムを作っていてネットでもかなりシェアされていたので、見たことある人も多いんじゃないでしょうか。

View this post on Instagram

人肉小銭入れ作りました

A post shared by doooo (@doooo_cds) on

dooooさんの人肉へのこだわりがどこから来ているのかはわかりませんが、そういう説明のつかないところもまた楽しさです。新しいものを作るのに理由なんて要らない、ただ何か作り出したい、あれをこうしたらどうなるか知りたい、ってだけでいいんですよね。

ちなみにこの人肉サイコロは今のところ販売されてはいないようですが、上の人肉小銭入れと人肉ショットグラス、人肉印鑑はWebサイトの問い合わせフォームから注文を受け付けています。かばんの中に人体の一部を忍ばせたい方は、ぜひチェックしてみてください。

    あわせて読みたい