僕らの繋がりに壁はない。バリアフリーeスポーツ大会から見るこれからのコミュニケーションのカタチ

  • author 小暮ひさのり
僕らの繋がりに壁はない。バリアフリーeスポーツ大会から見るこれからのコミュニケーションのカタチ
Image: バリアフリーeSports ePARA2020 - ePARA

こういう時代だからこそ、オンラインコミュニケーションを。

新型コロナウイルスの影響で、さまざまなイベントが中止になったり延期になっています。ゲーム大会も例外ではなく、いくつかの大会が中止になった一方で、オンライン開催への注目も集まっています。

5月31日に開催されるオンラインのeSportsイベント「バリアフリー eスポーツ ePARA2020」もオンラインのメリットを活かしたイベントのひとつ。障がいの有無にかかわらずネットから参加できる、バリアフリーの視点を取り入れたオンラインイベントとなっています。

オンラインディスカッションとオンライン対戦会

バリアフリーeスポーツ ePARA2020」は2020年5月31日(日) 11:00〜15:00を予定。

第1部はオンライン会議を利用して「1.リモートワークと障がい者雇用」と「2.バリアフリー eスポーツの可能性」についてのオンラインディスカッション。登壇者は以下のとおり

1.リモートワークと障がい者雇用登壇者
・セガサミービジネスサポート株式会社 代表取締役社長 一木裕佳 氏
・グリービジネスオペレーションズ株式会社 代表取締役社長 福田智史 氏
・ビーウィズ株式会社 執行役員 伊東雅彦 氏


2.バリアフリー eスポーツの可能性登壇者
・株式会社プレイブレーン 代表取締役社長 マイク・シタール 氏
・株式会社NTTe-Sports 取締役副社長 影澤潤一 氏
・一般社団法人ソーシャルインクルージョン世田谷 代表理事 望月雅之 氏

200527bak01
Image: バリアフリーeSports ePARA2020 - ePARA
©SEGA

第2部からはゲーム大会へとシフト。

まずは、第1部登壇のパネリストたちによる『ぷよぷよeスポーツ』エキシビジョンマッチ。ゲーム会社やeSports企業の重鎮たちによるおじゃまぷよの押し付け合いがどんな絵になるのか楽しみでなりません。

200527bak02
Image: バリアフリーeSports ePARA2020 - ePARA
©Supercell

第3部は障がい者、健常者入り交じっての『ブロスタ』大会。

参加者は一般募集が行なわれていて(現在は締め切っています)、1グループ10名でのバトルロイヤルが繰り広げられます。1位〜6位までには商品(Amazonギフト券)や副賞などが用意されているなど、本格的な大会となっていますよ。

こうして立場、年齢、障がいの有無、距離なども関係なくプレイできて、コミュニケーションも図れるってeSportsの、ゲームの、本当に素晴らしい側面でバリアフリーコンテンツとなる良い活用法ですよね。

昔のゲーセン文化がさらに現代風に進化している気がして、古来よりのゲーセンっ子としてはニッコリです。

バリアフリーeスポーツ ePARA2020」のディスカッションや大会の様子はYouTube Liveでも配信されますので、当日はこちらからどうぞ!

そうか、僕らはコミュニケーションが必要なんだ

今回のコロナ事情で、テレワークでも仕事はできることがわかりました。

でも、この2ヶ月。ひとりで仕事をするのは、ちょっと息苦しいなって感じた人も多いのでは? たとえば、直接会わなくなったことで、人間関係に壁を感じている…。なんてのは、ありがちな悩み。

現在、全国的に緊急事態宣言は解除されましたけど、コロナを経験した世界では、今後も「必要以上に集まらない」の流れは続くと思います。だからこそ、壁を生まないためのコミュニケーションやオンラインでの繋がりが大事なんじゃないかなって思うんです。

こうした「バリアフリーeスポーツ ePARA2020」などのeSports大会しかり、その他のネットゲームでも、協力プレイでも、格ゲーみたいなバチバチとした画面越しの殴り合いでもいいと思います。それこそゲームじゃなくてZoom飲み会でも、YouTube Liveでもいいと思うんです。インターネットには、意思や気持ちを交換できる、手段もきっかけもたくさんあります

それらを上手く使って、世界のみんなで繋がりを模索していけたらいいなって。心からそう思うのです。

Source: バリアフリーeスポーツ ePARA2020

あわせて読みたい

powered by