車体を揺らして曲がる、折りたたみ電気3輪スクーター「EV4 グレムリン」

  • 14,111

  • author 岡本玄介
車体を揺らして曲がる、折りたたみ電気3輪スクーター「EV4 グレムリン」
Image: EV4 Gremlin

こちらは3つのルールを破っても大丈夫。

ポーランドでヘンテコなeバイクばかりを作っているEV4が、自動車のトランクに積み込んで持ち運ぶことを考えた、「EV4 グレムリン」という折りたたみ電動3輪スクーターを作っています。

見た目がアンバランスだけど

タイヤは前輪の2本が10インチの小径で、後輪の1本が350Wブラシレスのハブモーターを仕込んだ16インチとなっています。動きも面白く、ド派手な蛍光黄緑色の、まさに妖精グレムリンみたいな電動自転車です。

Video: Aero-Service/YouTube

独特な前輪が、ヤマハの3輪バイク「NIKEN(ナイケン)」と似た動きですね。曲がるときは車体を揺らすようにしますが、見た目より安定感があるので倒れることはありません。

Video: Aero-Service/YouTube

完成品 or 自分で組み立て

「EV4 グレムリン」は、自分で組み立てるキットと完成品の2種類があります。組み立て式は溶接や接着不要で、ガンプラのように組んでいくだけ。ですがバッテリーは付属しないのだそうな。

200506_gremlin2
Image: EV4 Gremlin

完成品はゲル状の電解液を使った12Vのゲルバッテリーを3つ積み、最高時速25kmで航続距離30kmを走ります。重さはゲルバッテリー搭載時が37kg、航続距離が40kmになるリチウムイオンバッテリーなら27kgと、いずれにしてもチョイ重め。ですがシートを下げてハンドルを前に倒せば、自動車に積めるようコンパクトになります。

10万円以下で買える

購入は、公式サイトでダウンロードした申込用紙に、欲しいモデルやら必要事項を書いてメールすると、請求書が届いて支払う方法になっています。NEW ATLASいわく、お値段は1,000ドル(約10万7,000円)を切るとのこと。

注文時には、この黄緑色だけでなく黄色、オレンジ、ピンク、紫から選べるようになっています。塗装はパウダーコーティングで傷や腐食に強いとのことですが、どの色もドギツい蛍光色みたいです。色も形も目立ちたい人向けのeバイクですね。日本でも乗れるかは不明。

Source: EV4, YouTube (1, 2) via NEW ATLAS, Wikipedia

EV4 グレムリン ほしい?

  • 0
  • 0
EV4

シェアする

    あわせて読みたい