さいきょうのモニターが欲しくなった? だったらウルトラワイドモニターがオススメだよ

  • 40,807

さいきょうのモニターが欲しくなった? だったらウルトラワイドモニターがオススメだよ
Photo: Gizmodo
A Lenovo Legion Y44w-10 をMacBook Proにセットアップ

お金とスペースがあるならやってみたい、ウルトラワイドモニターで快適に過ごす日々。

「ぼくのかんがえたさいきょうの」在宅ワーク環境の実現案として、ウルトラワイドモニターを導入してみるのはいかがでしょうか。

21:9」または「32:9」あるいは「32:10」といったウルトラ横長なアスペクト比を持つディスプレイがウルトラワイドモニターとと呼ばれる部類のもので、38インチのDell Ultrasharp U3818DW49インチのSamsung C49RG943.4インチのLenovo Legion Y44w-10などがそれに該当します。

特に大きなサイズで、画面がカーブしている製品が多く、ピクセルの海に包まれているような感じです。最初は圧倒されますが、一度セットアップに慣れてしまえばワークスタイル革命が勃発します。

ウルトラワイドモニターと相性バツグンのアプリ

まず、ウルトラワイドモニターに対応したアプリについて紹介していきます。

ツイ廃の方にオススメなのがTweetDeck。ウルトラワイドモニターに合計12のカラムを横に並べて表示することができます。ツイートの波に溺れて死にそうです。

20200429_wide3
ツイート多すぎ。人間一気にこんなにツイート見られない。
Photo: Gizmodo

Adobe Premiere Proのような動画編集ソフトとウルトラワイドモニターの組み合わせもばっちり。タイムライン、ビデオプレビュー、フィルターやエフェクト、ファイルナビゲーターなど。大量の作業用ウィンドウをウルトラワイドモニターで俯瞰して表示できるのは快適です。

また、ウルトラワイドモニターはゲーマーにもオススメ。全てのゲームがウルトラワイドモニターに最適化されているわけではありませんが、「Red Dead Redemption 2」、「Assassin's Creed Odyssey」、「Forza Horizon 4」、「No Man's Sky」そして「Sea of Thieves」との相性は最高で、ウルトラワイドのディスプレイで本当に迷子になったかのようになります。

20200429_wide2
Samsung C49RG9のようなモニターは、ゲームや日常のコンピューティングに使えます
Image: Samsung

しかし、何もかもが横長画面でうまく機能するわけではありません。超横長に引き伸ばされたWebページを見たいわけではないし、TV等の動画も最大化すると、画面の横に黒い枠が表示されるだけです。映画に関しては、大部分が21:9に近いアスペクト比で撮影されているので視聴体験としてはベターですけどね。

マルチウィンドウが快適で生産性が大幅アップする

そしてそもそものウルトラワイドモニターの利点は、生産性が爆上がりするデュアルモニターであることです。3つ以上のウィンドウをストレスなく同時に表示できるので、プログラム画面やブラウザのタブなど、画面切り替えの手間が圧倒的に少なくなります。

Windowsユーザーであれば、ウルトラワイドモニター上でウィンドウを画面の端に合わせて移動したりリサイズする機能「スナップ機能」を使うことができます。モニターの左端(または右端)に、ウィンドウのタイトルバーをドラッグすると、自動的にウィンドウを自動的にリサイズしてドラッグしたところに吸い付くように表示してくれます。カーソルキーも使えて、Windowsキーを押したまま、左または右をタップしてウィンドウをスナップさせることができます。

20200429_wide4
PowerToysソフトウェアの「FancyZones」の設定画面。
Image: Gizmodo

さらに、よりウルトラワイドモニターを極めたい人は、Microsoftがオープンソースで開発しているユーティリティーソフトウェア「PowerToys」も便利です。スナップ機能よりも柔軟にウィンドウを配置できる「FancyZones」など便利なツールが揃っています。

macOSでは、Split View(スプリットビュー)という機能を使います。任意のウィンドウの左上隅にあるフルスクリーンボタン(緑色のもの)をクリックして長押しし、メニューから「ウインドウを画面左側にタイル表示」または「ウインドウを画面右側にタイル表示」を選択すると、ウインドウが画面の指定した側に収まります。

しかしWindowsのように、開いているプログラムを3つまたは4つの列に分割するネイティブオプションはありません。これを実現するために見つけた最高のサードパーティのユーティリティがあります。それは「Magnet」です。250円と有償ですが、ウィンドウ管理機能としての価値は十分にあります。

20200429_wide5
ウルトラワイドモニター+Mac使いはMagnetおすすめ
Screenshot: Gizmodo

Magnet を実行している状態で、メニューバーアイコンをクリックして、現在のウィンドウの位置を、画面の左/右/上/下の2分割、画面の左/中央/右3分割…など膨大なオプションから画面の配置を選ぶことができます。

ウルトラワイドモニターは安い買い物ではありませんし、巨大な画面に高画質を映しだすためには、それなりのスペックのコンピューターを必要とします(最近のPCであれば問題ないと思います)。もしだいたい15万以上はする、ウルトラワイドモニターにお金をぶっ込む余裕があるならば、投資価値があるのは間違いありません。あとは…ウルトラワイドモニターが置ける広いスペースも必要ですね。

さいきょうのモニター ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by