次期iPadは大型化するってウワサ。8.5〜9インチのiPad miniはミニと言えるのか…

  • 21,087

  • author 塚本直樹
次期iPadは大型化するってウワサ。8.5〜9インチのiPad miniはミニと言えるのか…
Image: suzuko

iPadの進化は、まだまだ止まりそうにありません。

実績あるアナリストことミンチー・クオ氏が新たな報告をしています。今回は次期iPad次期iPad mini、そしてApple(アップル)製スマートグラスについてです。

iPadの画面が大型化

次期iPadは、現行モデルの10.2インチから10.8インチに画面サイズが大型化。さらに「廉価な価格ながら最新のチップを搭載」する、iPhone SE(第2世代)のようなアプローチが検討されており、2020年後半に登場すると伝えています。また次期iPad miniも8.5インチ〜9インチへと画面が大型化し、2021年前半に登場するようです。

これまでのiPadのモデルチェンジからも推測できるように、新モデルでの画面の大型化はある意味当然の流れ。しかし、8.5インチ〜9インチのiPad miniは、本当にminiなのでしょうか…。通勤電車では、すこし持て余してしまうかもしれません。

結局いつくるの、Apple製スマートグラス

クオ氏はさらに、アップルのスマートグラスは早ければ2022年に登場するとも報告しています。どうやらこのスマートグラスは「AR(仮想現実)/MR(複合現実)を重ね合わせた体験」をもたらしてくれるものの、製造は複雑かつコストがかかるそうなのです。う、ということは、販売価格も高額に…? 若干気になってしまいますね。

アップルのARグラスについては以前から数多くの噂があったものの、その投入時期やコンセプトはいまだはっきりしません。スマートグラスといえば「Google Glass」のような苦戦した先行者もいるので、アップルもその利用用途を慎重に検討しているのかもしれませんね。

Source: 9to5Mac

    あわせて読みたい

    powered by