ランボルギーニの新型車発表はARで! 仮想的な実車体験もできちゃう

  • 5,862

  • author 岡本玄介
ランボルギーニの新型車発表はARで! 仮想的な実車体験もできちゃう
Image: Lamborghini

家の中が駐車場になっちゃうぞ?

コロナ禍でマスクと医療用保護シールドを生産するようになったランボルギーニが、新型車「ウラカン EVO RWD Spyder」公式サイトで発表しています。しかもその方法はAR。Appleの「AR Quick Look」を活用して、iPhoneかiPad越しに仮想的な実車体験ができるコンテンツになっているのです。

ARを試してみよう

ARだと100%の実車サイズから、1%のミニカーサイズまで拡大縮小が思いのまま。それに回転させれば裏側を見ることも可能です。たとえば我が家のベランダで試すと…?

200511_huracan4
Image: Lamborghini


200511_huracan5
Image: Lamborghini


200511_huracan6
Image: Lamborghini

実車サイズで運転席の中を見ると、その細かさに思わず触ってみたくなり、ラジコンくらいの大きさに縮めると、これまた掴んでみたくなります。そしてこのARコンテンツは、背景を現実世界と重ねないオブジェクト・モードに移行することもでき、真っ白な空間で「ウラカン」を堪能できるようにもなります。

200511_huracan3
Image: Lamborghini

最大出力610CV(449kW)@ 8,000rpm、5.2リッターV10エンジンの最高時速は324kmで、0~100km/hまでたったの3.5秒という、後輪駆動の「ウラカン EVO RWD Spyder」。

Video: New Atlas/YouTube

サイトは遊べるコンテンツがいろいろ

公式サイトでは、エンジン音が聞けたり、内装/外装を360度回して見られたり、塗装やシート、ホイールやブレーキなどを自分好みの仕様にエディットできるようになっています。いろいろと遊べるので、ぜひともトライしてみてください。

Source: Instagram, Lamborghini via Car Watch, YouTube via NEW ATLAS

ウラカン EVO RWD Spyder ほしい?

  • 0
  • 0
ランボルギーニ

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by