ベルギーのオフロードEV「Trevor FTR STELLA」

  • 5,702

  • author 岡本玄介
ベルギーのオフロードEV「Trevor FTR STELLA」
Image: Trevor Motorcycles/facebook

電動オフロードが流行っています。

最高時速80kmで爆走できる、ベルギー生まれのオフロードEV「Trevor FTR STELLA」が、予約を受け付け始めました。

老舗ブランドのパーツをふんだんに使用

designboomによりますと、フレームはドラッグレーサーのカスタムショップWORKHOURSE SPEED SHOPが作るモリブデン鋼のトラス構造で、タイヤはダンロップのDT3、サスペンションは前後共にオーリンズの43フロントフォークと、STX 46が採用されているとのこと。要は堅牢な造りだということですね。

加えてハンドルはトマゼリを傘下に持つイタリアのドミノ製で、ブレーキはフランスのベルリンガーのものを使っています。

その他のスペックは、100分間のフル充電で1.5時間走れる2.6kWhのリチウムイオン充電池(5,2kWhに換えれば3時間)、11kW空冷ブラシレスDCモーターを搭載。重量は75kgとなっています。

白黒ハッキリ

カラーリングはアイス・ホワイトとマイティー・ブラックの2色。いずれも黄色が差し色としてよく映えています。

お値段は1万2995ユーロ(約152万円)で、予約時には100ユーロの頭金を収めます。クリーン(なエネルギー)のダートなバイクという触れ込みなので、安くはありませんが環境問題のことを考えると、アリなのかなぁと思います。とにかくカッコ良いですもんね。

EVバイクはダートラが多い気がする

ちなみにですが、これまでEVのダートトラックは、ハーレーダビッドソンの次のモデルがすでに発表されており、1984年に消えたスペインのバイク・メーカーPURSANGは、ダートラ風EVバイクで復活を果たします。やっぱり自然の多い環境で乗るであろうバイクなので、クリーンエナジーが好まれるってことなのでしょうか?

これまではブラックベリーのQNXを搭載したレーサー、damon「HYPERSPORT」や、木製カウルのスチームパンク風EVバイク「Newron EV-1」、そしてスクランブラー風のEVモペッドなんていうのも取り挙げてきましたが…やっぱりアメリカンなスタイルのEVは見かけないんですよね。日本でも発売されることを願っています。

Source: Instagram, WORKHOURSE SPEED SHOP, TREVOR via designboom

FTR STELLA ほしい?

  • 0
  • 0
Trevor

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by