Verizonがビデオ会議プラットフォームBlueJeansを買収

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
Verizonがビデオ会議プラットフォームBlueJeansを買収

タイムリーな買収です。

米大手通信事業者のVerizon(ベライゾン)が、アメリカ現地時間で今月15日、ビデオ会議サービスのBlueJeansの買収を完了させたことが明らかになりました。米メディアで報じられている買収額は約4億ドル。BlueJeansの社員390人、ユーザー1万5000人は、そのままVerizonへと引き継がれます。現段階では、Verizon内でのBlueJeansの立ち位置は明らかではないものの、Verizonいわく、5Gプロダクトのロードマップにおいて深く関わる、今後のビジネス戦略にはなくてはならないピースになるとのことです。

ビデオ会議、テレビ通話は、コロナパンデミックですっかりお馴染みとなったツール。一気に台頭してきたZoomはじめ、Google MeetにSkype、Lifesizeなどなど、ここは戦国時代まっさかりの業界です。2009年創業のBlueJeansですが、同じくVerizon傘下のTechCrunchですら「自身の力で成長できるのはここまで、さらなる成長のためには大手と手を組む必要がある」と報じていたので、この買収は生き抜くために必要不可欠な流れ。

Verizonの5Gプロダクトの一環として、BlueJeansがどういう役割を果たすのか。例えば、Microsoft 365やGoogleのG Suiteのような企業向け通信パッケージというのは濃厚な線ですね。

さて、4億ドルの投資がVerizonにとってどう働くか。はてさて、BlueJeansは戦国時代を生き残れるか。

Source: BlueJeans

    あわせて読みたい

    powered by