渋谷区が公認するバーチャル空間誕生。ポストコロナ時代の街のあり方が見えてきた

  • Sponsored By 渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト
  • author ヤマダユウス型
渋谷区が公認するバーチャル空間誕生。ポストコロナ時代の街のあり方が見えてきた
Image: ©︎ KDDI・au5G / 渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト

地続きなメタバースが、驚きとつながりを生む。

2020年が始まってまだ半分くらいだというのに、最近の世界の変化っぷりときたら。コロナ禍による新しい生活様式の推進で、世界中で仕事のスタイルや日々の暮らしに変化が起きています。テレワークでオフィスはネット上に再現され、飲み会ですらオンラインで行なわれています。こんな時代、大きなカギとなるのがバーチャルリアリティ要素

先だって、「バーチャル渋谷 by au 5G」なるオンラインプラットフォームがオープンしました。これは、KDDI株式会社×一般社団法人渋谷未来デザイン×一般財団法人渋谷区観光協会のタッグによる、渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトの一環。

200522virtualshibuya_02
Image: ©︎ KDDI・au5G / 渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト

名前の通り、渋谷の町並みをバーチャルリアリティで再現した空間で、だれでも無料でアクセスできる(VR装置などは不要)というもの。興味深いのは、このVRな渋谷は渋谷区公認であるという点です。区公認のバーチャル空間。なんだか急にSFじみて来たというか、行政公認のバーチャルリアリティってピンと来ないというか…。

いざ「バーチャル渋谷」の世界へ!

ともかく、面白そうなのは事実。5月19日(火)にオープンしたので、早速行ってみました。「バーチャル渋谷」はバーチャルSNSプラットフォーム「Cluster」上で展開されています。PCの場合は、あらかじめClusterのアプリをダウンロードしておいてから公式サイトへアクセスするとアプリに飛ばしてくれてログインできる仕組み。スマホはアプリからダイレクトにログインできます。

200522virtualshibuya_03
Image: ヤマダユウス型

降り立ってみると、そこはめちゃくちゃ精巧に再現された渋谷でした。スクランブル交差点に立ってみると、左奥には京王井の頭線が見えるし、地下鉄の入り口も見える!

200522virtualshibuya_04
Image: ヤマダユウス型

JR渋谷駅ハチ公前。あるよあるよ、緑の電車も東急百貨店も。バーチャル空間は現実と無関係なはずなのに、ここまでリアルに渋谷として描かれると、まさに現実の渋谷のバーチャルリアリティ化がコレなんだなぁって実感。こうやって自宅で見てる「バーチャル渋谷」と現実の渋谷が、脳内ですぐにつながってくる。ネット(バーチャル)は広大だわ…。

200522virtualshibuya_05
Image: ヤマダユウス型

配信当日は、オープニングイベント「#渋谷攻殻NIGHT by au 5G」が開催されました。若槻千夏さん、DOMMUNE代表の宇川直宏さん、SEKAI no OWARIのDJ LOVEさん、バーチャルYouTuberのアンジュ・カトリーナさんらが、MCとしてアバターになって登場。芸能人とアーティストとVTuberがアバターで並ぶというのも、次世代イベント感がある。

200522virtualshibuya_06
Image: ヤマダユウス型

黒いハットをかぶっているのが宇川さんのアバターで、ピンクのスーツが若槻千夏さんのアバター。もちろん現実の当人たちはリモートで参加しているのですが、こうして一般ユーザーと一緒に空間を散策できるのもバーチャルリアリティならでは。現実でやろうものなら大変なことになりますから。

興味深かったのは、宇川さんが「俺、センター街超えて渋谷のシスコ(2007年まで渋谷区宇田川町にあったレコード店)行きたくなるなぁ」と言っていた点。バーチャルな空間を移動しながら現実の場所に思いを馳せるって、エモのやつじゃないですか? Google Earthで実家周辺を探索するのとはまた違う、バーチャルな空間に現実との関連性を感じるからこそ出た言葉なんじゃないかなと思うのです。

現実とバーチャルを連携させる、XRコンテンツ

この感性を促進させるような要素が、「バーチャル渋谷」のもう一つの狙いでもあるXRコンテンツと呼ばれるもの。現実とバーチャル、それぞれに同じコンテンツを展開することで、それらを地続きに感じられるというものです。XRはクロス・リアリティ、代替現実とも呼ばれます。

例えば今回の「バーチャル渋谷」でいうと、空間内にはNetflixで公開中のアニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』の広告がいたるところに表示されています。じゃあ、バーチャル空間の109のシリンダー広告に主人公の草薙素子が表示され、同じビジュアルが現実の109にも表示されたら? 「現実とバーチャルがつながってる!」と思いません?

XRっていろいろできそう。バーチャル空間で解いた謎に従って現実世界の探索をしたり、それこそ「バーチャル渋谷」の109でイベントをしてるときに、現実の109でも何かイベントをやってみたりとか、イメージ広がります。『攻殻機動隊』でバトーは「疑似体験も夢も、存在する情報はすべて現実であり、そして幻」と言いましたが、かくて幻は現実とつながり、僕らの体験は拡張していく。

200522_v-shibuya01
Photo: ©︎ KDDI・au5G / 渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト

近年KDDIはXRへの取り組みを加速させていて、メディアアートの祭典「MUTEK.JP」で、XRコンテンツを展開したり…

渋谷の街を美術館にするアート展「INVISIBLE ART IN PUBLIC」を手がけたりしてきました。

このようにXRは2018年ごろから登場したバーチャル視点の一つですが、昨今のバーチャル促進の波に乗れば、さらに面白くなる気がしますよ〜。

渋谷区公認のバーチャル空間。その意義は

リアリティのあるバーチャル空間でのイベントは事例がありますが、バーチャルな街を本家の街自身が公認する例はあまりないのでは。現実の渋谷は表だとすると「バーチャル渋谷」は裏面のような存在です。ゲーム『ペルソナ5スクランブル』の渋谷は認知の世界による裏の存在でしたが「バーチャル渋谷」はテクノロジーが生んだ擬似的な街といえますね。

200522virtualshibuya_07
Image: ©︎ KDDI・au5G / 渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト

そこからさらに一歩踏み込んで、XRコンテンツの展開によって表と裏の関連性を強めると、情報が多層化して街(とバーチャル空間)にとても深みが出る。だって「自宅から渋谷にアクセス!」とか、何言ってんだって感じですけど「バーチャル渋谷」ならそれができるしアクセスする意味があるんですから。で、より現実に近い世界観を描くためには通信の高速性も重要視されてくる。ほーら5Gの出番ですよ。

コロナ禍は人々につながりの遮断を要求してきましたが、僕たちは物理以外の方法でつながる術をどんどん発明してきました。バーチャルの模索もその一つであり、今回の「バーチャル渋谷」は巣ごもりで断たれてしまった人と街をつなげる役目にもなっていると感じました

歩けるようになるエリアもこれから増えるとのことですし、やがて「バーチャル渋谷」内でショッピングやイベントなんかができるようになったら、いよいよ街レベルの代替現実になるかもしれませんねぇ。VRヘッドマウントディスプレイでダイブすればバーチャルなのに現実の渋谷感があるという、攻殻機動隊並のサイバー体験ができるかも!?

バーチャル渋谷」オープニングイベントの様子は、こちらのアーカイブで見れます。バーチャル街ブラ、ぜひ味わってみて下さい。


Source: 渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト

あわせて読みたい

powered by