Appleの開発向けカンファレンス「WWDC 2020」の日程が確定:6月22日からオンラインで!

  • 7,538

  • author 塚本直樹
Appleの開発向けカンファレンス「WWDC 2020」の日程が確定:6月22日からオンラインで!
Image: Apple

開発者会議の転機になるかもしれません。

Apple(アップル)は、開発者向けの年次カンファレンス「WWDC(Worldwide Developers Conference)」を、6月22日から開催すると発表しました。

すでに公式発表されているように、今年のWWDCは「バーチャルWWDC」としてオンラインで開催されます。イベントの模様はApple Developerのウェブサイトとアプリにて、すべての開発者に無料で公開されます。

キーノートの日程は6月に入ってからアナウンス

さてさて、開発者もユーザーも、WWDCといえば楽しみなのがキーノート(基調講演)。例年WWDCのキーノートでは、iOSやiPadOS、macOS、watchOS、tvOSの新バージョンが発表されます。ナンバリング通りで更新されれば、今年は「iOS 14」「watchOS 7」の年です。

キーノートやセッションのスケジュールは6月に追加公開される予定です。

忘れ物防止タグが発売?

さらにではありますが、WWDC 2020ではApple独自のヘッドホン製品紛失防止タグ「AirTags(仮称)」が発表される可能性があります。また、発売が中止されていたワイヤレス充電マット「AirPower」が、大小2サイズで復活する…かもしれません。

学生が参加できるプログラムも

また、学生の開発者が自分たちのSwiftコーディング技術を見せあう、「Swift Student Challenge」も発表されました。5月17日午後11時59分(米国太平洋標準時)まで応募可能なこのプログラムでは、入賞者にWWDC20特別ジェケットとピンのセットがプレゼントされます。

新型コロナウイルスの影響で、Appleのみならず開発者カンファレンスの形も大きく変わろうとしています。しかしオンライン開催ならではの新しい開発者コミュニティのあり方も考えられますし、ポジティブな変化にもしっかりと目を向けて今年もWWDCを追っていきたいと思います。

Source: Apple

    あわせて読みたい

    powered by