軽量で金属臭がしない!純チタン製コーヒータンブラー「TOKI」が間もなくキャンペーン終了

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author saori
軽量で金属臭がしない!純チタン製コーヒータンブラー「TOKI」が間もなくキャンペーン終了
Image: Thingyfy

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

夏に向けて、熱中症対策でこまめに水分を摂ることが重要になってきました。毎日ペットボトルを買っていたらお金もかかるし、環境にも良くないということでマイボトルを持っている人も増えてきています。

おしゃれなマイボトルを探していたら、姉妹サイトmachi-yaでクラウドファンディング中の純チタン製コーヒータンブラー「TOKI」を発見。間もなくキャンペーンが終了なので、改めて特長をご紹介します。

チタンのメリット

C0DE56FE-1B03-4318-8913-D5086B89835C
Image: Thingyfy

TOKIは、ステンレスでもなく、プラスチックでもなく、チタンを使っています。TOKIに使用しているチタンは、医療現場で使われている純度の高い素材。腐食に強く長い期間に渡って愛用でき、軽量性に優れています。

チタン製のボトルに飲み物を入れると、ステンレスやアルミニウム、プラスチックのボトルに入れるよりも金属臭を抑えられ、味を変えることなく、長時間持ち運ぶことができるそうです。

軽量で持ち運びやすい

07AFF8DE-5174-4B15-9CBF-FEE0F52FF66C
Image: Thingyfy

TOKIは、同じサイズのステンレス製コーヒータンブラーに比べて、重量は半分ほどしかありません。水筒は飲み物の重量で重くなるので、できる限り軽いほうが持ち運びの負担も減ります。

容量は475ml。わかりやすくサイズだとスターバックスコーヒーのグランデに対応するサイズです。保冷性もばっちりなので、冷たいドリンクを家で入れて持ち運ぶのにも便利ですね。

中身が漏れないことが一番大事

2C8ECEEC-B1AA-4A76-BE02-58271E7E8C20
Image: Thingyfy

漏れ防止対策は万全。 TOKIのフタは、耐久性のあるシリコンシーリングを使用。さらに、ネジ止めのメカニズム「ダブルロック」を採用することで、漏れ防止を徹底しています。持ち運びが多い人にとっては、漏れにくい構造はとても助かりますね。

ワンタッチでふたが開く

DD6E6EAC-217D-4D61-9599-24A01FF74902
Image: Thingyfy

TOKIは、ボタンで1つでふたの開閉が可能。つまり、片手で簡単に扱うことができます! 片手が荷物やスマホで空いていない時でも、すんなりと開けられますよ。

人間工学に基づいてデザインされたフタは、最大210度まで開きます。フタが鼻にぶつかることもなく、車の運転も邪魔をしません。

全部で5色展開!

ジェットブラック(Jet Black)
CB9E6F12-8993-40B2-9F98-D997252C7F6C
Image: Thingyfy
ミッドナイトグリーン(Midnight Green)
8A2627FB-BD0A-41E0-9FE6-25D324425FC6
Image: Thingyfy
スペースグレイ(Space Grey)
C70CD8C9-B400-4228-8897-518C88120A77
Image: Thingyfy
ローズピンク(Rose Pink)
F03DC962-133B-4866-96AC-1D72EF529A04
Image: Thingyfy
チタン(コーティングなし)
6D8A8FE8-E767-4DC7-B657-7710D93ECA2F
Image: Thingyfy

どのカラーもチタンの素材感を残しつつカラーリングされているので、スマートでスタイリッシュな見た目が特長。落ち着いた色合いは、大人が持ち運ぶ水筒にはぴったりですね。

こちらのTOKIは、machi-yaでキャンペーンを始めたばかり! 先着200名のみ18%オフの9,900円で支援が可能です。

キャンペーンは間もなく終了。自宅や外出先でコーヒーをよく飲んでいるという方、軽量のチタン製ボトルをこの機会に支援してみては?

>>金属臭がしない純チタン製コーヒータンブラー「TOKI」の詳細はこちら

Source: machi-ya

    あわせて読みたい

    powered by