梅雨シーズンにおすすめの高機能・オシャレ傘3選

  • 5,265

  • Buy
  • author Qurumu
梅雨シーズンにおすすめの高機能・オシャレ傘3選
Image: Amazon.co.jp



こちらはメディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

いよいよ梅雨のシーズンが到来しました。お出かけの際には、長傘か折り畳み傘のどちらかがあれば、雨だけでなくUVカット効果も期待できそうです。

また、トレンドワードである「ソーシャルディスタンス」をキープする方法として傘を利用する、というアイデアが多数のメディアで取り上げられ、話題となっています。

そこで今回は、梅雨シーズンに持っておきたい高機能でオシャレな傘3選をご紹介いたします。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

逆折れ式のUVカット傘なら、車やバスの乗り降りが楽しくなりそう!

Image: Amazon.co.jp

CARRY UMBRELLAの「CARRY saKASA(キャリーサカサ) CityModel」は、 テフロン™加工された生地と、表からも裏からも骨を隠した二重構造により、高い撥水・防水性とUVカット率を誇ります。

そして、何よりも面白いのは、従来の傘の正反対をいく、逆折れ式の見た目と開閉のアクションですね。

逆折れ式のおかげで、強風にも強く、閉じた時には自立まで可能にするバランスの良さを備えているんです。

Image: Amazon.co.jp

「CARRY saKASA」の逆折れ式のメリットは、車の乗り降りでも発揮されます。

● 車やバスに乗るとき:畳むと濡れた面が内側になるので、周囲に雨水を飛び散らすことがありません。

● 車内から雨降りの外に出るとき:普通の傘なら、広げるまでに頭や身体が結構濡れてしまいますが、「CARRY saKASA」なら、畳んだまま頭上にサッと立てると一瞬で展開できるので、雨がかかる量を最小限にできます。

カラーバリエーションは6パターンで、落ち着きのあるカラーリングもあれば、ビビッドカラーで、見た目の楽しさと、逆折れ式傘を広げた時の、周囲の人の驚く様子が目に浮かぶような、印象的な物もありますので、お好みに合わせてお選びください。

アウトドアグッズの国内メーカーがリリースした、コンパクトな折り畳み傘

Image: Amazon.co.jp

スノーピーク(snow peak)の「アンブレラUL」は、8本の骨でしっかりと雨風に耐える構造でありながら、約150gという超軽量を実現した折り畳み傘です。

新潟県三条市に本拠を置くスノーピークは、アウトドアグッズメーカーとして確かな実績があり、信頼性も期待できそう。

Image: Amazon.co.jp

公式サイトによれば、広げた時の直径は100cmとのこと。少し小さめですが、とにかく軽いので、晴れの日でもカバンに入れておけば、不意の雨にも十分対応できるのではないでしょうか。

折りたたむと22cmというコンパクトさを誇り、収納ケースも付属しているのも注目ポイントですね。

柴田文江さんデザインの、リサイクルできるオールプラスチック傘

Image: Amazon.co.jp

Ca Et La(株式会社サエラ)の「+TIC プラスチック 長傘」は、布地・ハンドル・骨の全部がプラスチック製で、長傘だけど350gという軽量さが魅力です。

「+TIC」の監修をされたデザイナーの柴田 文江さんは、花器・食器・包丁からオムロンの体温計まで、現代のライフスタイルに新しいオーソドックスさを提案されていることで注目を集めていますね。

Image: Amazon.co.jp

すべてのパーツが交換&リサイクルOKというだけではなく、持ちやすさを考えられた太めのハンドルや、畳んだ時に手首などに掛けやすいストラップなど、随所にちりばめられたアイデアは秀逸の一言。

また、公式サイト によれば、特に先端の石突きは、畳んだ傘を持ったときに、子どもの目の高さになることを考慮してフラットなデザインにしたのだとか。

5パターンのカラーバリエーションはどれも落ち着いた色合いですので、何色にしようか迷ってしまうほどでしょう。

大切に使い続けたくなる、ちょっと良い傘を選ぼう

雨が降るたびにその場しのぎで傘を買うよりも、機能性とデザイン性に優れたお気に入りの傘を持つことで大切に使い続けられそうですよね。


Image: Amazon.co.jp(1, 2, 3

Source: Amazon.co.jp

    あわせて読みたい

    powered by