約1,000円で壁紙の穴、めくれ、黒ずみに一括対処できる「補修キット」5点セット

  • lifehacker
  • Buy
  • author 田中宏和
約1,000円で壁紙の穴、めくれ、黒ずみに一括対処できる「補修キット」5点セット
Image: Amazon.co.jp

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]から再編集のうえ掲載

非常事態宣言が解除されたとはいえ、まだ在宅ワークを続けている方も少なくありません。

家にいる時間が長いと目につくのは、壁紙のめくれや穴や黒ずみ

株式会社建築の友の「クロスの補修キット C-30」は、それらをまとめて補修できるツールのセットです。

この機会に手軽に自分の手で補修してしまいましょう。

これだけで穴、めくれ、黒ずみの補修が可能

Image: Amazon.co.jp

クロスの補修キット C-30」は、3種類の補修ができる以下の5アイテムがセットになっています。

穴うめ材ヘラ:押しピンやフックを抜いたあとの穴を塞ぐ

ハケ:めくれてしまった壁紙を貼り付ける

消しゴム:長年のホコリがこびり付いたことによる黒ずみを消す

基本的には白い壁紙に使うためのセットなので、柄モノの場合には、施工後に塗料で目立たなくするなど、ひと工夫を加えましょう。

穴うめ材:しっかり穴を埋められる

Image: Amazon.co.jp

穴うめ材は、完全乾燥後はゴム程度の硬さになるとのこと。また、穴の外にはみ出た分はヘラでならしたり、切り取ったりできるとのこと。作業中に少々不器用なできになっても大丈夫そう。

注意点としては、埋めた箇所に再びピンやネジを使用することはできないそうです。逆に言えば、それだけしっかり補修できるということですね。

糊とハケ:めくれをキレイに貼り付ける

Image: Amazon.co.jp

ハケは、めくれてしまった壁紙を貼り付けるのに使います。

破れが発生している場合は、穴うめ材も併用すれば、よりキレイに仕上がりそう。

ちなみに、「数mm程度でいいので壁紙の切れっ端が欲しい」という場合は、壁付コンセントを外してみましょう。施工状態によっては、余分な壁紙を切り取れることがあります。

ハケは、使い終わったあとに放置すると残った糊が固まってしまいますので、すぐに水洗いしてください。

消しゴム:黒ずみを落とす

Image: Amazon.co.jp

黒ずみは消しゴムでキレイにしましょう。

あまり強くゴシゴシすると、ムラができたり壁紙が破れてしまったりするので、力加減に気をつけながら、焦らず、少しずつ作業すると良さそう。

また、深く染み込んでしまった汚れを取り切るのは難しいとのことですが、白い壁紙なら漂白剤を使う方法もあります。まずは目立たないところで試してから、併用するといいかもしれませんね。


壁紙は目につきやすいので、キレイになれば室内がいっそう気持ちよく感じられそう。それに自分でやれば、部屋により愛着がわきそうです。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Source: Amazon.co.jp

あわせて読みたい

powered by