ARM版Macからヘッドホンまで!? AppleのWWDC新プロダクトを大予想

  • 13,435

  • author 塚本直樹
ARM版Macからヘッドホンまで!? AppleのWWDC新プロダクトを大予想
Image: AKA-PHOTO / Shutterstock.com

ヘッドホン、欲しい!

いよいよ今年も開催が近づいてきた、Apple(アップル)の開発者向けイベント「WWDC 2020」。今年は新型コロナウイルスの影響によってオンライン開催となりましたが、Appleファンにとっては大注目なイベントです。

そこでここでは、WWDC 2020にて発表されそうな新製品をまとめてみました。やはり気になるのは、アーキテクチャが大幅に変更されるあの製品でしょうか?

ついにARM版Macが発表!?

つい先日飛び込んできたビックニュースとしては、Intel(インテル)ではなくARMベースのプロセッサを搭載したMac「プロジェクトKalamate」がWWDCに発表される、というニュースでしょうか。

ARM版Macは、まずiPhone 12にも搭載されるプロセッサ「A14」の強化版が搭載されます。報道によれば、これはIntel製プロセッサよりも高性能かつ省電力なんだとか…! 本当なら、実に楽しみです。

残念ながらARM版Macの製品発売は2021年になるようですが、プロセッサまでApple製のMacが登場すると思うと、ファンならぜひ入手したい製品になりそうです。

iMacが大刷新される?

デザインを刷新したiMacが登場するとのがあります。これはiPad Pro風のデザインを取り入れ、ベゼルはPro Display XDRに似たものに。さらにGPUとしてAMD Naviが搭載され、セキュアチップのT2チップも採用されるそうです。

そういえば、以前には「ゲーミングMac」がWWDCにて発表されるとの情報もありましたね。こちらはiMacのような一体型PCか、あるいは大画面ラップトップとして登場し、価格は5,000ドル(約54万円)と高額になるとのこと。しかし、ゲーミングMacでどれだけのタイトルが遊べるのかが若干気になってしまいます。

アップルはヘッドホンに本気…か

さらに楽しみなのが、アップルが独自のワイヤレスヘッドホン「AirPods Studio」を発表するという噂です。報道によれば、これは高級モデルとフィットネス向けモデルの2種類があり、左右のどちら側からでも装着が可能。もちろん、ノイズキャンセリング機能が搭載されます。リーク情報によれば、価格は350ドル(約3万8000円)になるとのこと…結構お高いですな。

紛失防止タグが伏兵に?

こちらも長らく噂されていますが、アップルはバッグや財布に装着できる「紛失防止タグ」を開発しているとの情報があります。こちらはiPhoneの「Find My」アプリを利用し、その位置情報を追跡できるというもの。物をよくなくすうっかりさんには、ありがたいアイテムとなりそうです。

その他にも、新型Apple TVもあります。こちらは特に大きなニュースはありませんが、性能アップなどを期待してもよさそうです。

秋には小型版HomePodやスポーツ向けAirPodsも?

WWDCではなく秋の発表になるかもしれないプロダクトとして、小型版HomePodやラン/スポーツ向けの「AirPods X」があります。小型版HomePodは廉価に販売されることで、スマートスピーカー製品のテコ入れが期待されます。

そしてAirPods Xは「Beats X」のような位置づけとして、200ドル以下(約2万2000円)での登場が期待されています。もし防水機能を強化したワイヤレスイヤホンが登場するなら、アクティブなユーザーにとってうれしい製品となりそう。

というわけで、さまざまなハードウェア製品の登場が期待されるWWDC。Apple直営店の再開も世界で広まっていますし、春の嫌なムードを吹き飛ばすような新製品の登場に期待したいですね。

2020年6月10日12時修正:初出時、WWDC 2021となっている部分がありましたが、WWDC 2020が正しいため、修正いたしました。

Source: Apple

Appleの新製品 ほしい?

  • 0
  • 0
Apple

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by