eバイク界のポルシェ911? 滑らかフレームのGogoro「Eeyo 1」は約42万円

  • author 岡本玄介
eバイク界のポルシェ911? 滑らかフレームのGogoro「Eeyo 1」は約42万円
Image: gogoro eeyo

スムーズなフレームがスタイリッシュ。

台湾のeバイクメーカーGogoroから、流線的なパイプフレームが目を引く、クロスバイク型eバイク「Eeyo 1」「Eeyo 1s」が発表されました。

12kgを切る軽さ

これはケブラー素材の強化カーボンファイバーを使ったおかげで、11.8kgという軽さを実現し、後輪ハブモーターによりアシストが時速30km、123.4 Whバッテリーで航続距離最大88kmが走れる電動アシスト自転車です。

88kmの航続距離は省エネモード時ですが、スポーツモード時は64kmになるとのこと。またバッテリーは取り外して屋内で充電できるだけでなく、持ち運びができる小型充電器があるので、出先で充電も可能。ハブに挿して使います。

搭載テクノロジー

ハブモーターは「Eeyo スマートホイール」と呼ばれ、この小さな空間にモーターと充電池とトルクセンサーが詰め込まれています。軽量化にも貢献。

またバッテリー残量が少なくなっても,目的地まで省エネモードでなんとか持たせてくれるスマートさを持ち、チェーンではなく「Gatesカーボン・ドライブ」というベルトドライブがグリスを不要にし、円滑で安定した運転を提供します。

アプリとファームウェアが随時更新

「Eeyo 1」は専用アプリとBluetooth接続しており、持ち主が離れると自動的に施錠されるとのこと。また無線でファームウェアの更新が行なわれ、今後ヘルストラッカーとの接続や走行データの分析機能などもアプリに追加予定だ、とNEW ATLASが伝えています。

「Eeyo 1」誕生のきっかけ

Gogoroは2015にスクーター型のEVバイクを発表し、台湾国内1,691カ所に充電池の充電ステーションを設置しました。バイクの充電が切れそうになったらステーションにあるフル充電のものと交換できる交換式バッテリーを採用した企業です。

Video: Gogoro Taiwan/YouTube

バッテリー交換は1日になんと20万回も行なわれているそうな…。しかしながら、ユーザーの中にはスクーターで需要を満たせない人もいたことから、eバイクの生産も視野に入れたのだそうです。

安くはないが軽い

6月発売の「Eeyo 1」は12.5kgで3,899ドル(約41万8000円)。12kgの「Eeyo 1s」は4,599ドル(約49万3000円)のお値段です。「Eeyo 1」はシートポストとハンドルバーとリムが合金なのに対し、「Eeyo 1s」はそれらがカーボンファイバー製というのが違いとなっています。

自転車で走れない階段などは、ヒョイっと担ぐこともできます。家から目的地までドア・ツー・ドアで移動する人にはうってつけのeバイクって感じですね。

Source: Twitter, YouTube via Gogoro via SLASH GEAR, NEW ATLAS, electrek

Eeyo 1s ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい