スイス連邦工科大学、透明で曇らないポリマー繊維の「ハローマスク」を作る

  • 5,352

  • author 岡本玄介
スイス連邦工科大学、透明で曇らないポリマー繊維の「ハローマスク」を作る
Image: EPFL/YouTube

子供や耳が不自由な方たちに安心感を与えられます。

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)が、Empa(スイス連邦材料試験研究所)と共同で透明なのに呼吸ができて、布製と同じ機能性を持つ医療用マスクを完成させました。再利用するのではなく、使い捨てすることを念頭に置いているため、原材料は99%がバイオマス資源で作られ、生分解されるものを使っています。

Video: EPFL/YouTube

EPFLいわく、繊維の隙間は従来型と同じ100ナノメートルとのこと。これでウイルスは通さず空気が通り、プラスチックのように曇ることはありません。

思い付いたのは5年前

非常に画期的な発明ですが、実は開発のきっかけは2015年に研究者が対応したエボラ熱のときからだったのだそうです。しかし、いかに環境を汚さず大量生産ができるか? を命題に研究を重ねていたため、完成が奇しくもコロナ禍になってしまったのでした。

とはいえすぐ発売というわけにはいかないようです。すでにスタートアップ企業を作り、100万スイスフラン(約1億1300万円)を調達しているものの、これから生産を始めるので市場に登場するのは2021年初頭とのこと。

一般にも発売されるかも?

これまでのマスクは、表情が見えないためにコミュニケーションが円滑にできないというデメリットがありますが、この「ハローマスク」はマスク界に一石を投じるかもしれません。最初は病院関係にのみに売られますが、もし一般にも普及したら、接客業などにも使われるようになるかもしれませんね。

Source: YouTube, EPFL via INTERESTING ENGINEERING

ハローマスク ほしい?

  • 0
  • 0
EPFL

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by