Apple TV+の期待のSFドラマ『ファウンデーション』映像初公開 #WWDC20

  • author 傭兵ペンギン
Apple TV+の期待のSFドラマ『ファウンデーション』映像初公開 #WWDC20
Image: Apple TV / YouTube

アイザック・アシモフの名作がついにドラマ化!

いろんな発表があったWWDC2020ですが、その中でApple TV+の新作ドラマ『Foundation(原題)』のティザー映像がついにお披露目となりました!

Video: Apple TV / YouTube

アイザック・アシモフ原作はどんなストーリー?

原作となっている『ファウンデーション』は、ロボット三原則などでも知られるSF作家のアイザック・アシモフが1942年から連載を始めた長編SF。原作は高度に発展した銀河帝国の末期、人々の行動を予測する「心理歴史学」の考案者であるハリ・セルダンによって設立された銀河百科事典編纂組織「ファウンデーション」が、帝国崩壊後に訪れるであろう3万年の暗黒時代を乗り越ることを目指すというストーリー。

映像からはまだドラマ版のストーリーの全貌はわからないものの、原作の最序盤で帝国崩壊を予言したためハリ・セルダンが追放された時代と、それから何十年もの後、彼が設立した「ファウンデーション」に危機が迫るという少なくとも2つの時代を描いていると思しき内容になっています。

『ファウンデーション』のキャスト&スタッフ

数学者ハリ・セルダンを演じるのは2011年の映画『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』のモリアーティなどでおなじみのジャレッド・ハリス。他にも映画『ホビット』シリーズのスランドゥイル役などで知られるリー・ペイスなどが出演しています。製作総指揮は『ダークナイト』シリーズや近年のDCコミック映画でも知られるデヴィッド・S・ゴイヤー。

まだ、細かなことはわかりませんが、Apple TV+の今の所の作品と比べても規模感がデカくて、映像的なリッチさから考えても、目玉タイトルとなりそうな予感。同サービスはスタートから約半年ですが、大ヒット作には恵まれていないので、Appleとしてもかなり期待を寄せているはず。

原作を隅から隅までやったら本当に超長編ドラマとなりそうなので、どのあたりをピックアップしていくつもりなのか、どこまでやるのかもファンとしては楽しみ!

ドラマ『Foundation』は、Apple TV+で2021年から配信予定。すでに作品ページが公開されていますよ!


Source: YouTubeApple

Foundation ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい