スクウェア・エニックスがプラモに参入! 第一弾は『フロントミッション』で予約開始

  • 5,743

  • author 傭兵ペンギン
スクウェア・エニックスがプラモに参入! 第一弾は『フロントミッション』で予約開始
Image: スクウェア・エニックス(SQUARE ENIX) / Amazon

プラモ、楽しいですよ

『ファイナルファンタジー』や『ドラゴンクエスト』でおなじみのゲーム会社スクウェア・エニックスが、プラモデルのシリーズ「ストラクチャーアーツ」の展開を発表しました。その第一弾となる『FRONT MISSION(フロントミッション)』のヴァンツァーの予約が始まっています。

『FRONT MISSION(フロントミッション)』はスクウェア・エニックスの前身であるスクウェアが1995年に発売したスーパーファミコン用ゲームソフトにはじまり、数々のタイトルがリリースされているロボットゲームシリーズ。基本的には人型兵器「ヴァンツァー」を操り、近未来の紛争を戦っていくという内容で、オンラインゲームやコミックなど様々な展開がされ今でも人気の作品となっています。

スクエニがプラモデル...?

ゲーム会社のスクウェア・エニックスがプラモデルに参入と聞くと驚きますよね。しかしそもそもスクウェア・エニックスは様々な事業をやっていて、グッズ展開も熱心。自社だけでなく『スター・ウォーズ』など他社のIPもフィギュア化したことがある「プレイアーツ」というシリーズを展開していたりするので、その流れなのかもしれません。

『フロントミッション』はすでに、「ヴァンダーアーツ」という形で塗装済みのアクションフィギュアを展開していますが、今回のは完全に新規となるプラモデル。狙ってやっているかはわかりませんが、ちょうど今のコロナ禍で家にいる間にプラモデルを作って遊んでみるという人が増えていて、バッチリなタイミング。

自分は趣味としてプラモデルを作るのですが、組み立て作業はまるでパズルみたいで手軽に落ち着いた時間を過ごすことができます。それらしい形ができあがるとかなりの満足感が味わえますよ。本当に家から出られない状況の中でやるにはいい趣味なはず。

サンドカラーがいい感じ

で、今回のプラモデルのパーツ構成を見てみると、パーツ点数はそこまで多くない一方で、武装もオプションがたくさん用意されています。ゲーム同様いろんなセットアップが楽しめそう。

しかし個人的に注目したのは、ボディ部分と関節/武器部分がそれぞれ単色なところ。最近のガンダムなどのプラモデルは細かく色分けされていることが多いです。このシリーズのサンドカラー/肌色系な単色仕様なのはガンプラ的な路線というより戦車などのミリタリー系プラモの路線なのかも。

サンドカラーはそのままでも砂漠用の塗装がされたっぽい色だし、手を加えようと思えば茶系の色で墨入れや汚しが簡単にできそう。さらに完全に色を変えようとした時も(塗料ややり方にはよりますが)下地が透けづらく比較的塗りやすそうで、すごくいい感じ。

また公式等の説明文にあるように、スケールは1/72となっていて、兵隊等の人のプラモデルや建物が他社からけっこう出ているスケールです。がいる風景のジオラマを用意しやすいという利点があります。プラモデルは大きさの基準となる人がただ横に立ってるだけでぐっと雰囲気が出て見栄えが良くなるんですよ……!

この辺のポイントをわかってやってるプラモ展開なで、すごく良さげ。なんなら1/72の兵士や整備兵もつけてほしかったくらい……!

次は何が出るんだろう

どうなるかは明らかになっていませんが「第一弾」と言っているので今後シリーズ展開はありそうな感じ。『フロントミッション』もまだまだ見たい機体もありますが、往年の名作の『アインハンダー』や『ゼノギアス』のプラモが欲しい……!

また最近、バンダイなどを中心にフィギュア的に楽しめる人物のプラモデルも熱いので、もしかしたら『ファイナルファンタジー』や『ドラゴンクエスト』のキャラクターのプラモデル化なんていうのもあるかもしれませんね。最近のコロナ禍で外に一切出ずにMMORPGの『ファイナルファンタジーXIV』をやりまくっているので、同作からのキャラが出たら買っちゃうな……!

とにかく今後も楽しみなスクウェア・エニックスのプラモデル。その第一弾となる『フロントミッション ストラクチャーアーツ』は2020年9月30日。公式サイトやAmazon等で現在予約受付中。プラモ本当に楽しいので、ぜひニッパーと一緒に買って遊んでみて!

2020年6月26日18時50分修正:初出時「スクウェア・エニックス」の企業名に誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます。

Source: スクウェア・エニックス、Amazon

スクエニのプラモ ほしい?

  • 0
  • 0
スクウェア・エニックス

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by