iOS 14、デフォルトブラウザ/メールアプリを選べるように #WWDC20

  • 10,335

  • author 福田ミホ
iOS 14、デフォルトブラウザ/メールアプリを選べるように #WWDC20
Image: Apple

ほら、独占してないでしょ?ってことなのかな。

9to5Macなどによれば、今日のWWDCで発表されたiOS 14で、地味かもしれないけどけっこう大きな方針転換がありました。これまでWebやメールに関してはデフォルトはSafariとAppleのメールアプリ、となっていたんですが、iOS 14ではデフォルトアプリを変更できるようです。

今まで、iPhoneやiPad上で何らかのURLをタップした場合、基本的にはSafariが立ち上がることになってました(厳密にはGmailからはChromeが立ち上がるとか、FacebookやTwitterみたいに各アプリの中でブラウジングもできるとか、ありましたが)。それがiOS 14からは、立ち上がるアプリをChromeとかFirefoxといったサードパーティのものからも選べる、ようです。

ただこの変更はキーノートの中で「iOS 14の機能一覧」的なスライドの中にしれっと「set default email and browser apps」と書いてあっただけで、詳しいことはまだわかっていません。たとえばApple純正のメッセージアプリの中でリンクを押した場合でもSafariじゃないブラウザが立ち上がるようになるのかとか、どこまで完全にユーザーの好きなアプリで統一できるようになるのかとかは不明です。またデフォルトを変えたいアプリといえばたとえば「マップアプリもデフォルトはGoogle Mapsにしたい」とか要望があると思うのですが、今後も含めて対象がブラウザとメールアプリだけなのかどうかも気になるところです。

9to5Macが指摘しているように、Appleは現在他の大手テック企業と同様、反トラスト法に違反してるんじゃないかという追求を受けています。直近では有料メールアプリのHEYがアプリ内課金を使っていないからという理由でApp Storeから削除する、しないという悶着がありましたが、この件もちょうど今日いったんの決着を見たようです。

Apple Watchの文字盤もサードパーティが使えるようになるとか、Appleはいろいろとオープンな方向に舵を切りつつあるみたいですね。そのほうがフェアでいいんじゃないかとも思える半面、それによってAppleが今まで重視してきた、ハードソフト一体のユーザー体験がどうなっていくのか、注目です。