Mac Pro 2019のSSD、ついに自分で交換可能に!?

  • 9,214

  • author 武者良太
Mac Pro 2019のSSD、ついに自分で交換可能に!?
Image: Apple

なんでSSDにカバーつけているんですか! もっと見せてほしい!

超絶究極爆速マシンの1台である、Mac Pro 2019。内部ストレージは256GBから8TBまで選ぶことが可能ですが、購入後にストレージ容量をマシマシにしたいときってどうしたらいいんでしょ、アップルさん?

SSD モジュールの取り外しや交換が必要な場合は、Apple または Apple 正規サービスプロバイダにお問い合わせください

Oh...Apple Storeに、でっかい筐体をまるごと持ち込まないとダメなんですか...。

iFixitによれば「内部にアクセスしやすいMac Proに戻ったぜ!」って話なんですけど、ユーザーの手で交換できるのはメモリだけか...と思っていたら。Apple StoreのSSD Kit for Mac Proのページに気になる文言がありましてね。

1TB SSD Kit for Mac Proを使えば、Mac Proの内部SSDストレージの容量をアップグレードできます。512GBモジュールを2つ含むこのキットは、Mac Proに内蔵されているSSDモジュールと交換して使用してください。取りつけ作業が必要です。

注:ソフトウェアの再インストールには、Apple Configurator 2を実行する別のMacとUSB-Cケーブルが必要です。 Mac Pro (2019) に対応。

これ、デバイス管理アプリ「Apple Configurator 2」をインストールした別のMacと、Mac Proを接続すれば、OSの再インストールができる。ユーザーがSSDを交換できるってことですよね。T2チップのペアリングも万全、だと。

お値段は高いんですけどね。512GBx2の1TBセットで6万円、1TBx2の2TBセットで10万円、2TBx2の4TBセットで16万円、4TBx2の8TBセットで28万円ですから。本体購入時のSSDよりも高いってのがツラい。

しかもMac Pro 2019のSSDは独自仕様。今までついていたSSDを再活用する方法が現時点では見当たりません。Mac Pro 2019のSSDソケットが4つあればよかったのですが。

こうなると、秋葉館が販売しているPCIカード式のSSD(4TB・13万9000円、8TB・21万8000円)を使ったほうがいいかも。コイツ、 4枚のSSDをRAID 0とすることで、読み込み最大8000MB/s、書き込み最大7000MB/sの爆速ストレージになっちゃうんだもん。チョッ早すぎね!?と話題になった、PS5のSSDより速いって、すっごい。

Source: Apple

Mac Pro 2019専用SSD ほしい?

  • 0
  • 0
Apple

シェアする

    あわせて読みたい