Microsoftがニュース編集記者を解雇、代わりはAIスタッフ

Microsoftがニュース編集記者を解雇、代わりはAIスタッフ
Image: Drew Angerer/Getty Images

ライバルは人工知能。

複数の米メディアが報じたところによれば、Microsoftと契約し、MSNやMicrosoft Newsで働いていた約50人ほどの記者に、先週、6月いっぱいで契約終了、更新なしとMicrosoftから通達がきたといいます。Microsoftの契約記者は、その多くが人材派遣業者を介しての紹介。ネタ元Seattle Times、Business Insiderに匿名でコメントした元スタッフいわく、Microsoftから直接正社員雇用されているプロデューサーは業務継続とのこと。そして、クビとなる契約記者の仕事は、今後AIが担当していくことになるのだとか。

Microsoftのニュース部門は、前から人工知能を導入しており、例えば社のニュースサイトから注目されている記事を探すなど、すでに半オート化状態にありました。それでも、記事のヘッドライン編集や写真の選択、ビミョーな言い回しなどは、契約していた記者=人間が作業していたわけですが、今後はその業務もすべてアルゴリズムによってオートメーション化される、できるということなのでしょう。取材に応えた記者からは「自動化とAIが仕事を奪うという話は散々聞いていたけど、まさか自分の仕事が奪われるとは」と驚きの声があがっています。

さらに自動化を進めるMicrosoftニュース部門、しかし本当にそこに人間はいらないのでしょうか? Microsoftのニュースプラットフォームには厳しいガイドライン(例えば暴力要素の強いものなどはトップページから外すなど)があり、それをソフトウェアで適切に対処できるかと疑問視する声もあるようです。もちろん、AI(と人間のプロデューサー)だけで十分業務継続できると見越したからこそ踏み切った契約不継続なんでしょうけど。いやでも、本当に?

Microsoftだけでなく、多くのSNS企業、メディア企業が、ニュースサイトですでに人工知能を活用しています。AP、ロイター、ワシントンポスト紙も、コンテンツマネージメント、ヘッドライン作成ヘルプ、プレスリリースの精査、ユーザーからのコメント管理などなど、人間の記者の手が回らない多くのタスクをAIがこなしています。GoogleもAIニュースプロジェクトを行なっています。それでも、現段階はやっぱり人の手がいるという印象ですけどねぇ。

正直なところ、コロナパンデミックによる失業、不景気のさなかに人間がAIに仕事を奪われたというニュースを聞けば、今まで以上にゾっとしてしまいます。決してタイミングがいいとは言えません。いや、不景気だからこそAI化を進めたのか…。そもそも、人間がAIに仕事を奪われるのに適したタイミングなんてないんでしょうけれど。

それでもモヤモヤしてしまうのは、自分の仕事はAIがとって代わることはできないと自信をもって言えないからなのかしら。モヤァモヤモヤァ。

Source: Seattle Times, Business Insider

    あわせて読みたい