新型コロナウイルスが数秒で不活化。紫外線の有効性が報告される

  • 12,433

  • author 小暮ひさのり
新型コロナウイルスが数秒で不活化。紫外線の有効性が報告される
Image: Twitter(Signify)

弱点もわかってきました。

COVID-19(新型コロナウイルス)との戦いは長期戦になりそうですが、僕らができる防御策も見えてきました。同時にやっつけるための弱点も除々に判明してきましたよ。

ライティング製品を開発しているSignify社は、COVID-19に対してUV-Cライト(紫外線ライト)の有効性を報告しています。これはボストン大学の研究室で行なわれた実験で、Signify社の紫外線ライト照射後、数秒でウイルスは検出されなくなったとのこと。他のウイルスや細菌の例に漏れず、新型コロナウイルスも紫外線は苦手なんですね。

そしてSignifyでは、技術を独占的に使用するのではなく、COVID-19対策としてUV-C照明技術を他の照明会社が広く利用できるようにするとのことですよ。詳しい発表内容はSignifyのリリース(英文です)をどうぞ。

ところでSignifyって何の会社?と言うと、昔の名前は「フィリップス ライティング」。そう、IoT対応照明「Hue」などを作っているところと言えば、僕らには馴染み深い会社かと。

紫外線への有効性を示すデータは他にもある

この他にも、ウイルス・細菌への紫外線の有効性を示すデータはスタンレー電気岩崎電気でもチェックでき、それらも参考になります。

特にスタンレー電気はSignifyと同じくヒトコロナウイルス(COVID-19)への検証結果も掲載しています。Signify社と同様に、紫外線で不活化できるといったデータが出ていますよ。

注意点としては、現在でも広く紫外線ライトは手に入りますが、ウイルスや細菌の不活化目的なら専門家の指示のもと適切な用法でお願いしますね

自宅に採用するなら、アルコール消毒がお手軽で安全かもね。

Source: Signify via Newsweek日本版 , スタンレー電気, 岩崎電気

    あわせて読みたい

    powered by