私のロボット・アームは凶暴です

  • 5,945

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
私のロボット・アームは凶暴です
Image: Createk Engineering Lab/YouTube

鉄拳パンチで壁を粉砕!

ロボットが人類の仕事を奪うまでもう暫くかかりそうですが、まずは現場作業員がロボット・アームを装着し、人間をハイブリッド化して仕事をより安全、カンタン、そして高速化できる時代が到来しました。

猫の手も借りたい! というときにこれを装着すれば、果物の収穫や工具の受け渡し、さらには鉄球ハンドで壁をブチ壊すこともできるようになります。

Video: Createk Engineering Lab/YouTube

軽い反面あまり動き回れない

これを開発したのは、カナダのケベック州にあるシャーブルック大学の研究者たち。このロボット・アームは工業用に使うであろうベルトと一体型になっており、装着者は腰に巻いて使います。

3本指で3自由度を持つこのアームは、カーボン繊維とアルミで出来ており、重量は4.2kgとなっています。実際に人間の腕も同等の重さなので、まさに第3の腕といった感じ。ですがアームは水圧で動かすため、すぐ横にホースで繋がったパワーユニットを置いておく必要があったりします。なのであまり動き回ることはできませんが、このユニットを別にしたおかげで、アームが軽くて済むという利点が生まれています。

ヒョイヒョイ動いて、スパイダーマンを窮地に追いやるドクター・オクトパスになるには…程遠いのが残念ですね。

手動で操作しないといけない

もうひとつ残念なのは、こんなに大袈裟なのに自動ではないということです。アームには外の世界や物体を認識するセンサー類がなく、装着者の動きをコピーすることもできません。

なので装着者が自ら、もしくは第3者が小さなアームでアナログにリモコン操作をしなくてはいけないのです。とはいえ、きっといつの日かAIが搭載され、カメラやLiDERを通して自律制御できるようになるでしょうね。

しかし速くてパワフル

このアームに可動性と自律性がない反面、動きは速くて機敏、加えて強さも備わっています。なので軽快に果物をもぎ取り、バドミントンのラケットを素早く正確に振り、シャトルを打ち返すことができるだけでなく、重さ5kgまでの物体を持つことだってできちゃいます。

そしてアームの先端は秒速3.4mで振り回せるので、石膏ボードの壁を叩き割ることも可能。滅多にないでしょうけども、近寄る危険人物を威嚇し、鉄拳パンチで応戦するのにも使えます。一方で、装着者にパンチが飛んで来ないよう、ロボットアームの動きは機械的に制限されており、また何かにぶつかったときに力を軽減する関節を備えているので安心です。

他にもあるぞ、エグゾスケルトン

装着者の安全を優先させた外骨格スーツは、これまでにもありました。自動車メーカーのFord(フォード)は上半身を強化させる「EksoVest」を採用し、全身で着るSARCOSはミサイルも運べる「Guardian XO」というSF的なものを作っています。

シャーブルック大学のロボット・アームはまだ荒削りですが、作業員の過労や燃え尽き症候群などになりにくく、生産性を向上させる可能性を持っています。これからどう進化・改善されるのか楽しみですね。

Source: YouTube

      あわせて読みたい