ホラーゲームやってたら、ホラー映画がぜんぜん怖くなくなった

  • 20,379

ホラーゲームやってたら、ホラー映画がぜんぜん怖くなくなった
Image: Red Barrels|『Outlast 2』のスクリーンショット。

あ、わかる! わかるわこれー。

あんまりゲームしない私ですらわかります。要は、能動的か受動的かってことですよね? 米Gizmodoでゲーム大好き、ゲーミングPCレビューでお馴染みのJoanna Nelius記者がホラーゲームとホラー映画の話をしていて、わかるー!ってなったのでどうぞ。


昔ほどホラー映画が怖くなくなりました。昔はホラー映画のあおりBGMからのカメラパンして鏡に霊で、鳥肌が一気に立ってゾワーっときて100mダッシュ並みの心臓ドキドキになってたんですけどね。最近は、ホラー映画独特のあの間を楽しみつつも怖くはないという。

映画とゲームの違いは「視点」

怖くなくなった理由は、シーン展開が読めすぎてしまうからか。はたまた、昨今現実のほうがよっぽど怖いからか。叫び声あげて心臓バクバクするのは、最近ではホラーゲームだけです。

もちろん、ホラーゲームすべてがドッキドキの怖さというわけではないけれど。たとえば、『Dead by Daylight』なんていいですね。『Friday the 13th: The Game』も悪くないです。映画とゲームの決定的な違いは、当事者の視点か第三者の視点かでしょう。

ホラー映画では、登場人物たちを通してストーリーを見みます。あくまでも自分は、観客という第三者の視点から。なので、ハラハラする展開でも「あ、それはやらないほうがいい」「〇〇ちゃん逃げて!」という気持ちであり、ビックリはしても背筋が凍るとまではいきません。

一方ホラーゲームは、たとえナレーションがそこそこコミカルでも怖い。なぜならプレイする自分自身が当事者=主人公で物語が進むからです。生き残れるかどうかは自分の動きにかかっています。怖い! とパニックになって選択を誤ればそれで終了。何度もチャレンジはできますが、恐怖をおさえクリアしなければ前には進むことはできません。

『Soma』や『エイリアン アイソレーション』なら敵に見つからないように、音を立てないように、捕まる前に素早く動かねばなりません。『Soma』と似た感じで、『Outlast』『Outlast 2』も自己防衛手段がないという怖さがあります。めちゃくちゃバッテリー持ちの短いビデオカメラの暗視ビジョンだけが頼りというね(バッテリーが切れてパニックの後に何度暗闇で殺されたことか!)。

200520horrorgames01
『Soma』のワンシーン。
Image: Frictional Games

ゲームも映画も、あるあるの同じ展開がでてきます。電池が切れて光を失う、クローゼットに隠れる、目の前に上から死体が落ちてくる、etc...。同じ展開でもゲームのほうが怖い。だって自分視点で見ているから。観客ではなく主人公だから。2Dプラットフォームなら、『inside』や『Dead Space 2』が怖かった。

映画は自分がストーリー外にいるから怖くない

また、ホラーゲームには怖い以外でも感情を揺さぶられます。『UNTIL DAWN -惨劇の山荘-』は、誰が生きるか死ぬかが自分に委ねられており、モラルの壁が崩れ落ちます。登場人物の命を背負うのはゲームでも重い。『Man of Medan』では、みんなが生き残るのがゴールですが、それでも自分のミスで誰かが死ぬと罪悪感がすごい。『Masochisia』は、シリアルキラーの目線から被害者を選ばねばならず、これがなかなか堪える。軽い気持ちでプレイできない、重くのしかかるゲームです。ところが映画はどうか。見ていて罪悪感を感じることはありません。だって、ストーリーに自分は組み込まれていませんから。

ホラーゲームは「何が起きるかわからない」という怖さがある

ゲーム=インタラクティブなので、何が起きるかわからないという怖さもあります。プレイするのが2度目、3度目だとしてもわからない。まだ見ぬエンディング、ストーリーライン、行動によって発生する別イベントなど、1度目とは違う展開が待っています。同じ映画を何度も見るとより細かいところに気が付くことがあります。これはゲームも同じですが、ゲームだとまったく予想できません。

ホラーゲームをプレイすればするほど、ホラー映画への耐性は強くなる。少なくとも私はそうでした。ホラー映画を否定しているわけじゃなりませんよ。今でも好きだし楽しい(し怖い)し、キャラクターに感情移入することもあります。ただ、ホラーゲームほどは怖くなくなった。そういう話です。

逆に言えば、ただホラーゲームが怖すぎるということですね。

    あわせて読みたい

    powered by