ウェブ記事のテキストに直リンクが張れるChrome拡張機能が完全に神!

  • 27,225

ウェブ記事のテキストに直リンクが張れるChrome拡張機能が完全に神!

考えた人、神寄りの人。 え…、もしかしたら、人寄りの神なの?

とんでもなく便利な拡張機能がChromeにやってきました。「Link to Text Fragment 」は、ウェブ記事のテキストに直リンクできる機能。記事のページへのリンクじゃないですよ、記事中の特定箇所をハイライトし、そこに直接飛ばせるURLを作れる機能なんです。しかも、使い方がめちゃくちゃ簡単。

1:リンクをつくる

拡張機能をインストール後、リンクを張りたいテキストをハイライトして右クリック。オプションに表示されるLink to Text Fragmentのアイコンと「Copy Link to Selected Text」をクリックでURLがコピーできます。

200619webtextlink02
Image: そうこ

2:リンク先の表示はこう。

こうして作ったリンクに飛ぶと、記事ページトップではなく、ハイライトしたテキスト箇所にジャンプできます。

200619webtextlink03
Image: そうこ

長い記事など、リンクを送る相手にこの記事で自分が何を言いたいか、どこを読んでほしいかを伝えるのにとっても便利ですね。引用をメモしておくのも使い勝手よさそう。たとえば、この記事。Link to Text Fragmentを使ってハイライトを入れて飛ばすと、こうなります。こういうリスティング系の記事も、ここがいいよね・これ注目的な使い方ができます。逆にやっちゃダメなのは、こういうクイズ系の記事ね。答えにリンク張って飛ばすなんてダメよ。

(編集注:もしクリックして飛んだページがハイライト表示されない場合は、右クリックから「新しいタブで開く」を選択するとハイライト表示されます)

Googleのブログによれば、本拡張機能が対応しているのはバージョン80以降のChromeベースのウェブブラウザ。しかし、まだ100%完璧ではなく、ときにリンク作成に失敗する場合(ハイライトしたテキストが短すぎる、長すぎる、1段落全てハイライトするなど)もあるとのこと。それでも、FirefoxやSafariでは公にない拡張とのことで、Chromeユーザーでラッキー! という気分ですね。

使った瞬間から「こ、これは神便利!」となる素晴らしい拡張機能です。今すぐインストールするべき。この記事を読んでる場合じゃないよ。はよ、入れよう! はよはよ!


Link to Text Fragment ほしい?

  • 0
  • 0
Google

シェアする

    あわせて読みたい