Appleイベント「WWDC 2020」開幕! やっぱりApple Siliconが主役だね #WWDC20【更新終了】

  • 150,379

  • author 編集部
Appleイベント「WWDC 2020」開幕! やっぱりApple Siliconが主役だね #WWDC20【更新終了】
Image: Apple

ARM Macとんでもねえ...!

6月23日2時からスタートした「WWDC 2020」の基調講演。公式では日本語字幕で楽しむことができますが、この記事ではダイジェストでお送りしております。では行ってみよ!

ざっくり箇条書きでまとめ

iOS14

・アプリ管理のための新機能App Library

・ウィジェットとアプリが同じホーム画面で共存

・Siriも刷新され、翻訳を強化

CarKey。iPhoneが車の鍵に

・マップアプリは自転車と電気自動車オーナーのための機能を強化

・NFCタグやQRコードで起動して、アプリの一部機能が使える「App Clips」

iOS 14の新機能まとめ。ホーム画面、ウィジェット、Siriなどなど。#WWDC20

ドキドキの新機能。まとめ、いってみよう~。WWDC 2020で、Appleは新しいiOSバージョンであるiOS 14の新機能をちらりと見せてくれ...

https://www.gizmodo.jp/2020/06/ios-14-matome.html

iPadOS 14

・iOS 14と同じようにウィジェット強化

・通話は全画面ではなく、通知欄で実行可能に

・検索はMacのSpotlightのようにフローティング表示

・Pencilで手書きした文字をテキスト化。全てのテキストフォームで可能

新しいiPadOSまとめ。ますます高まる生産性

さらにラップトップっぽく。iPadOS 13がトラックパッドとマウスをサポートした時点で、AppleはiPadを再発明したように見えました。今日発...

https://www.gizmodo.jp/2020/06/ipados-14-could-solve-a-bunch-of-little-problems-we-hav.html

watchOS 7

・睡眠追跡

・文字盤カスタマイズ強化

・サードパーティの文字盤解禁

・文字盤は友達にシェアできる

・フィットネス機能強化

・手洗いトラッキング!

watchOS 7の新機能まとめ。ついに睡眠トラッキングが来る! #WWDC20

次なるApple Watchを垣間見る。本日のWWDCではKevin Lynch氏が壇上に上がり、watchOS 7で予定されるアップデートの詳細...

https://www.gizmodo.jp/2020/06/watchos-7-matome.html

macOS Big Sur

・デザインがよりiOS、iPadOSに近づいた

・コントロールセンターある

・通知センターのウィジェット強化

・Mac Catalyst強化。Macのスクリーンに自動で最適化してくれるなど

・Safariがさらに速く。タブプレビューついた!

macOS「Big Sur」まとめ。iOSっぽくなったけどどう? #WWDC20

名前からして、偉大さがハンパない。今年のWorldwide Developers Conference(WWDC)はとにかく異例ずくめ。すべてオン...

https://www.gizmodo.jp/2020/06/big-sur-matome.html

Apple Silicon(ARM Mac)

・Intel、Apple Siliconどちらでも動くバイナリを作れる「Universal 2」

・Intel Mac向けのバイナリも「Rosetta 2」でエミュレーションできる

・Linuxも仮想環境で動かせます

・AppleチップMacの発売は年末、Appleチップへの移行期間は2年を予定。

・また、今後Intelチップの端末の続投も検討しているとのこと。

「Apple Silicon」が出ちゃった今、Macを買う予定だった人はどうすればいいのか?

「買いどきっていつ?」。これって今、一番むずかしい話題だと思うんです。だって「Apple Silicon(アップルシリコン)」が本当に発表されちゃ...

https://www.gizmodo.jp/2020/06/apple-silicon-buyersguide.html

各種新OSは、開発者版を今日から、パブリックベータ版は来月から、また正式版はこの秋リリース予定


200623-0001
Image: Apple

1:45頃、ライブ配信のページがオープン! 地球の映像が流れていますが、光っている粒ひとつひとつがAnimojiになってる!

2020_sub
Image: Apple

おや、日本語字幕ありますね。どうやら録画したものが配信されるようです。

200623-0023
Image: Apple

宇宙から眺めていた光は、やっぱりAnimojiのユーザーたちでした。

200623-0027
Image: Apple

宇宙から円盤のような本社へ、そしてスティーブジョブスシアターへ。

200623-0035
Image: Apple

無観客のシアターのステージにティム・クックCEOが登場です。「大変なときだからこそ今年のWWDCをやることに意味がある。ここから、直接お家のみなさんにお届けします」

まず、ジョージ・フロイド事件を発端にした人種差別問題に触れるクックCEO。

200623-0046
Image: Apple

「理想の未来のために行動しなければならない」。医療従事者への感謝とともに、「繋がる」ことの大切さを説くクックCEO、だからこそのWWDC 2020なんです、と。

200623-0054

2300万の開発者だけでなく、希望する人すべてに無料で公開される今年のWWDC。登壇者はクレイグ・フェデリギに代わって、iOSからスタート。

iOS 14きた! iPhone OSに名前が変わる噂はハズレ!

200623-0097
Image: Apple

アプリアイコン含め、いろいろなウィジェットが好きな大きさで表示できるタイルデザインに。

200623-0075
Image: Apple

App Library。ホーム画面のページの最後に表示され、インストールしている全アプリを整理整頓して表示。ここから、いらないホーム画面を編集することも可能。

200623-0080
Image: Apple

App LIbraryでは、最近ダウンロードしたもの、よく使うもの、オススメなどをカテゴリ別に表示。

200623-0098
Image: Apple
200623-0097
Image: Apple
200623-0102
Image: Apple

ウィジェットも刷新。 好きなサイズで表示可能。 デザインが新しくなりデータ量も豊富に表示できます。 ホーム画面にアプリとウィジェットが共存できます。

200623-0106
Image: Apple

ピクチャ・イン・ピクチャがiOSにも。動画見ながら、FaceTimeしながら、他の作業ができます。

200623-0110
Image: Apple

ホーム画面や他アプリを使いながら、動画をミニウィンドウで再生し続けることができます。動画マルチタスク機能ですね。

200623-0126
Image: Apple

Siriもアップデート。UIを一新し、フルスクリーン表示ではなく、 画面下にSiriのアイコンがモヤモヤっと表示されます。Siriは3年前と比較してその情報量は20倍に。メッセージだけでなく、音声メッセもSiri経由で送れるように。

200623-0136

翻訳アプリ。マシンラーニングを使いオフラインで安全かつより自然な翻訳を。11か国語に対応(日本語含む!

200623-0149
Image: Apple

Messagesアプリも刷新。よくメッセするユーザーは、ピンでトップに固定表示できる。

200623-0155
Image: Apple
200623-0163
Image: Apple

Memojiアップデートで、20種類以上の髪型やアクセサリが追加。マスクもあります。キャラの年齢も幅広く。

グループメッセでは、インライン返信でスレッド化が可能。メンション機能も。

200623-0183
Image: Apple

マップアプリ。ナビ機能のアップデート、情報をより正確に、地図の情報量を全体的に底上げ、プライバシーへの配慮もばっちり。世界の名所やレストランなど、スポットを探しやすくなりました。情報は常にアップデートされます。

200623-0194
Image: Apple

環境へ配慮し、カーボンフットプリントを表示。歩きや公共機関だけでなく、自転車ナビが追加。自転車専用道路や、小道、高低差なども表示できる。ニューヨークやLA、中国の一部エリアが対象だが、今後多くの都市を追加予定。自転車の他に、EVルートも充電スポット含めて表示。

200623-0199
Image: Apple

CarPlayアプリ。米国での新車での普及率は97%、世界では80%。

専用の壁紙追加、EVチャージ、パーキングなど車に適したアプリあり。

200623-0201
Image: Apple

車の鍵もCarPlayに。BMW 5シリーズ(2021)で使えるデジタルキー。デジタルキーなので、「鍵をメッセージで送信」することができます。アクセス範囲も決められる。

U1チップ搭載なので、iPhoneがカバンの中にあってもデジタルキー発動可能。来年ローンチ予定。

200623-0216
Image: Apple

App Clips。必要なアプリを必要なときに。App Clipsは、必要なアプリを画面下からすぐ起動してくれる機能。アプリを探す必要がなくなります。NFCタグ、QRコードをアプリ起動のトリガーにすることができ、例えば電動スクーターのシェアリングサービス、レストランアプリなどのサービスを利用するときに、迷わず起動できるアプリです。

Apple Pay、Sign in with Appleも利用可能です。

200623-0242
Image: Apple

Apple Parkを「走って」移動するクレイグ。iPadOSは、また別の部屋で紹介します。

200623-0247
Image: Apple

iPadOS 14。マルチタッチをいかしたiPadならではのOS。

200623-0253
Image: Apple

ウィジェットがiOS14と同じくアップデート。

200623-0257
Image: Apple

写真アプリ。新サイドバーで、写真の整理整頓がやりやすく。このサイドバーはファイルやノートなど、他のアプリにも採用。

200623-0268
Image: Apple

Siri。iOSと同じくアップデート。右下にアイコン表示のみで直タスク実行。

200623-0273
Image: Apple

通話アプリ、フルスクリーンではなく画面上に通知表示(iOS14でも採用)。

200623-0280
Image: Apple

検索。アプリを起動しながら検索窓をフローティング表示して利用することができるように。アプリランチャーとしても使えます。メールやメッセ内のテキストも検索可能。ブラウザをユーザーが開くことなく検索窓からウェブ検索が起動できます。

200623-0293
Image: Apple
200623-0306
Image: Apple

Apple Pencil。Scribbleで、手書き文字が通常テキストに自動変換できるように。手書きの図や形など、書き終わりにペンを止めると、自動でキレイに整形してくれます。

何を書いているかを認識し、例えば電話番号をメモすれば、そこから電話をかけることもできます。どの言語で書いているかも自動で認識してくれます。手書きは全てのテキストフォームで利用でき、即座にテキストに変換されます。

200623-0317
Image: Apple
200623-0326
Image: Apple

AirPods Proでは、空間オーディオに対応。また、加速度センサーとジャイロスコープで頭の動きをマッピングし、音の方向が頭の動きでブレないように調整可能。

200623-0352
Image: Apple

watchOS 7。文字盤の編集がより豊富に。また、文字盤を共有できるので、人が作った文字盤も使えます。SNS上にポストも 可能。

200623-0365
Image: Apple

iOS 14と同じく、自転車ナビ機能を追加。

200623-0372
Image: Apple

ワークアウトアプリ。ワークアウトの種類にダンスが追加。ダンスの複雑な動きを、加速度計とジャイロスコープで認識しています。

200623-0391
Image: Apple

睡眠トラッキング。起きる時間だけでなく、寝る時間もセットできるように。セットすると画面がおやすみモードに。画面が暗くなり、タップしても簡単な文字表示だけになります。

200623-0395
Image: Apple

寝る前には、設定した音楽や消灯などおやすみルーティンモードも使える。

200623-0408
Image: Apple
200623-0411
Image: Apple

タイムリーな機能、手洗い時間をトラッキングしてくれます。スマートウォッチでは初の機能。カウントダウン表示してくれて手洗い時間が終わるとチャイムで教えてくれます。

200623-0421
Image: Apple
200623-0426
Image: Apple

プライバシーについて。第三者がアクセスできるデータを最小化。端末内で出来る限り完結し、サーバに送る情報量を少なくしました。プライバシーに配慮するAppleだからこそ、Sign in with Appleを使うユーザーが増えている。

200623-0434
Image: Apple

位置情報の取得について。アプリに提供するのが今自分がいる正確な場所なのか、それとも大まかなエリア情報なのかを選べる。

200623-0444-1
Image: Apple

ユーザーのトラッキングについて。アプリダウンロード前に、App Storeのアプリページで情報の取り扱い(何のデータを取得するか、どうシェアされるか)を表示するように。

200623-0460
Image: Apple
200623-0468
Image: Apple

Homeアプリ。スマートホームをより簡単に。アプリからすべてを管理可能、自動化をおすすめする機能も。

スマート電球をコントロールするLight機能では、光の色味を調整可能。玄関前カメラでの顔認識も。tvOS14と連携して、セキュリティカメラの映像を見ることも。

200623-0487
Image: Apple

tvOS 14。こちらでもピクチャ・イン・ピクチャが使えるようです。

200623-0502
Image: Apple

Apple TV+のオリジナル新作を予告編で紹介。アイザック・アシモスの小説をもとにした「Foundation」。来年公開予定。

200623-0511
Image: Apple

次はmacOS。名前はBig Sur。バージョンは11で、完全に新世代へのメジャーアップデートです。

200623-0535
Image: Apple

macOS X以来の大きなデザインアップデート。アイコンの形、シンボル、透明度、色味、基本デザインから見直し。通知音などもリマスタリング!

200623-0545
Image: Apple

アイコンのデザインがアップデート。Finder、Mail、Photosなど、広くサイドバーを追加。メニューバーやツールバーもアップデートされ、見た目や使い勝手がアップ。

200623-0558
Image: Apple

Macにもコントロールセンターを追加。明るさやダークモードなどまとめて表示、調整できる。

200623-0565
Image: Apple

右上の時計クリックでウィジェットと通知が表示できる。ウィジェットも一新。カスタマイズ編集可能で、サイズも好きに設定可能。開発者はオリジナルウィジェットも作れます。

200623-0568
Image: Apple

メッセージアプリ。検索機能強化、写真や動画を簡単に共有、Memoji、エフェクト、よく使う相手をピンで固定表示する機能が追加。

200623-0575
Image: Apple

マップアプリ。Mac版も一新。お気に入りに登録したお店や会社の場所などワンクリックで表示。友達の目的地到着時間をチェックできます。

200623-0583
Image: Apple

Mac Catalyst。iOSのアプリをmacOS向けにリビルドできる開発時間短縮に役立つ機能が進化。Macのネイティブスクリーンに自動で最適化してくれるなど。

200623-0586
Image: Apple

Safari。大幅刷新!Javascriptのパフォーマンスが上がり、ページ表示速度爆速に(Chromeより50%はやい)、インテリジェント・トラッキング防止機能、などなど。safari内に翻訳機能も搭載。

200623-0590
Image: Apple

プライバシーレポートでサイトが扱う情報をチェック可能。

200623-0603
Image: Apple

Safariのスタートページは好きにカスタマイズ可能。お好みの写真を設定することもできる。

200623-0614
Image: Apple

タブのデザインも一新。大量タブ表示しても、タブの上にカーソルあわせるとウィンドウの内容をさっと確認できる。

200623-0625
Image: Apple

クックCEOに戻って、大きなチェンジの話を…。Macの歴史を語るクックCEO…。Power PC、 OS X、 Intelという3つの大きな改革をへて…Macは今、Appleオリジナルカスタムシリコンへと変革をとげます!

200623-0637
Image: Apple

秘密のラボから、チップについてお届けします。

200623-0648
Image: Apple

iPhoneからはじまったオリジナルチップ。iPadのときはRetinaディスプレイでより高性能なチップを開発。SoCアーキテクチャを使ったApple Watchも作りました。全部あわせると、10年間で20億のチップを出荷してきたことに。

200623-0657
Image: Apple

このすべてをMacのチップに生かす! 高パフォーマンスかつ省エネ、それがAppleチップ。セキュリティやグラフィック、AIのプラットフォームにもなるMacへ。

200623-0670
Image: Apple

全アプリがAppleチップネイティブへ。Xcodeには、Appleチップへの最適化機能「Universal 2」が備わっています。Intel Mac、Apple Silicon向け両対応でビルでできるので、どちらのアーキテクチャでも動くバイナリが作れます。

200623-0680
Image: Apple

MicrosoftのOfficeは、すでにApple Siliconでネイティブ動作されています。

200623-0695
Image: Apple

OfficeのPower PointやAdobeのPhotoshop、Final Cut Pro XなどApple Siliconにネイティブ対応したMacアプリを、Apple Silicon搭載のMacでデモするクレイグ。いかに、グラフィック処理が速くスピーディかをアピール。

200623-0708
Image: Apple

かつてIntel Macへ移行したときに力を発揮したRosetta。今度はAppleチップMacへの移行でお手伝い。「Rosetta2」です。Apple Silicon用に最適化されていない従来のIntel Mac向けアプリをApple Silicon上で動かします。

200623-0713
Image: Apple

どんなアプリもRosetta2を使えますが、Mayaでデモ。

200623-0723
Image: Apple

Linuxは仮想環境で動きます。Universal(Apple Silicon向けにコンパイル)、Rosetta2(既存アプリの使用)、Virtualization(仮想環境)の3本柱で、Appleチップへの移行準備も万端!

200623-0734-1
Image: Apple

ARMチップ搭載(A12Z)のMac miniが開発者向けに提供されます。開発者はAppleチップMac発売前にあれこれテストできます。

各種新OSは、開発者版を今日から、パブリックベータ版は来月から、また正式版はこの秋リリース予定。

AppleチップMacの発売は年末、Appleチップへの移行期間は2年を予定。今後もIntel端末のサポートは続けるとのこと。また、今後Intelチップの端末の続投も検討しているとのこと。

以上! お疲れ様でした!

Source: Apple

    あわせて読みたい