薄くて小さく実用的。コンパクト財布 「ICHI」が支援総額600万円を突破!

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author 島津健吾
薄くて小さく実用的。コンパクト財布 「ICHI」が支援総額600万円を突破!
Image: Atelier_moku

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

ここ数年、トレンドになっている薄いお財布。今の時期、ショートパンツやスーツのポケットに入れて持ち運ぶのに、ちょうどいいサイズ感です。

ただ、ひと口に薄いお財布と言っても、二つ折りや紙幣専用の長財布用のようなものまで種類はさまざま。

今回ご紹介する「ICHI」は、machi-yaでクラウドファンディングを実施中の薄くて小さいお財布です。ただ薄いだけではなく、小銭入れ・カード入れ・お札入れの容量も必要十分。しっかりと実用性を兼ね揃えています。

どんなところが実用的なのか、早速見ていきましょう!

長財布の半分ほどの大きさ。薄さは9mm

DSC00379_2
Image: Atelier_moku

「ICHI」を理解する上で大事なポイントは、2.1mmの革を裁断することなく一枚革で作っていること。そして、その革が重ならない構造にすることで、厚さ約9mmを実現しています。

薄いお財布の弱点になりがちな耐久性も、素材の力で解決しているというわけです。

小さくてもたっぷり入る!

DSC00291_20mb
Image: Atelier_moku

「小さくて薄いと収納力が全くないのでは?」と思う人もいるかもしれません。確かに、長財布と比べたら、容量は当然劣ります。

とはいえ、「ICHI」にはお札が20枚近く入ります。加えて、カードも5枚ほど収納可能。コインだって10枚以上入るので、今まで二つ折りや長財布を使っていた人が乗り換えても、不便を感じることはないでしょう。まさに、薄さと実用性のいいとこ取りをしたようなお財布です。

実用性に焦点を当てて紹介した記事もありますので、ぜひあわせてご覧ください。

すばらしい設計!薄くて実用的なコンパクト財布 「ICHI」を使ってみた!

最近では、すっかり自宅に引きこもる生活。こう書くとネガティブに捉えられてしまいそうですが、今の状況は持ち物を整理して見直すポジティブなタイミングとし...

https://www.lifehacker.jp/2020/06/214058-machi-ya-ichi-review.html

カードやコインの取り出しがスムーズ

S__28213253
Image: Atelier_moku

お札についても、二つ折り財布のように、スッと入れてスッと出せる快適性があります。ミニマルなデザインながら、この容量と使いやすさ。かなり頼りになりますね!

ベルギー産とイタリア産の革

DSC00264_2
Image: Atelier_moku

今回のクラウドファンディングでは、イタリア産とベルギー産の革を採用した、2種をラインナップ

ベルギーで唯一のタンナー「タンナリー・マズール社」が作るルガト(Rugato)は、牛のショルダー部位を使用。光沢があり、高級感ある肌触りが特長的です。

一方、トスカーナ州のタンナー「バダラッシ・カルロ社」が作るプエブロ(Pueblo)は、生後2年以上の雌牛の原皮を使用。トスカーナ州発祥であるバケッタ製法が用いられています。エイジングを楽しみたい方にオススメです。

新色が追加されました!

5e2f3960bfb3b26b083b5c1de74e22ff
Image: Atelier_moku

今回、200人以上に支持され、支援総額600万円を突破! プエブロの新色がリターンに追加されているので、あわせてチェックしてみてくださいね。


「ICHI」は、現在クラウドファンディング実施中。ルガトは13,900円(消費税・送料込み)、プエブロは15,900円(消費税・送料込み)から支援が可能です。

プロジェクト実施期間は、残りわずかとなりました。詳細が気になる方は、下記のリンク先を要チェックです!

>>薄い・小さいの先へ!一枚革の実用的なコンパクト財布 「ICHI」

Image: Atelier_moku

Source: machi-ya

    あわせて読みたい

    powered by