しまえるって大事、ほんとに。持ち運べるポータブルジム「BodyBoss 2.0」でどこでもトレーニング

  • 11,861

  • author ヤマダユウス型
しまえるって大事、ほんとに。持ち運べるポータブルジム「BodyBoss 2.0」でどこでもトレーニング
Image: GROW

リモートワーク環境でも、本格トレーニング。

買ったのはいいけど、飽きたら押し入れにしまいっぱなし。そんなフィットネス器具の運命とはもうサヨナラバイバイです。持ち運べるフィットネスジム「BodyBoss 2.0」なら毎日軽率に、そして効果的に運動ができるでしょう。


これだけあれば全身トレーニング

Green Fundingにてクラファン中の「BodyBoss 2.0」は、世界初のポータブルフィットネスジム。折り畳んで収納できるベクトルフィットベースを中心に、バンドやハンドル、ワークアウトバーなど、さまざまなトレーニングアイテムがパッケージングされています。

200720bodyboss_01
image:GROW

基本的な使い方は、ベースにバンドをセッティングしてのウェイトトレーニング。バンドを引っ掛ける位置や長さを変えれば、鍛える部位や負荷をコントロールできます。留め具の耐久力は試験済みで、226kgまでOK。

200720bodyboss_02
image:GROW

足にストラップを付ければ、こんな風に下半身のトレーニングもできますね。言ってしまえばダンベルを取り付けるようなものなのですから、応用次第でどんな部位のトレーニングにも使えそう。ポータブルなジムとは上手いこと言ったもの。

200720bodyboss_03-1
image:GROW

折りたためばベッド下に入るサイズ感ですから、場所を取らないのもグッド。忘れもしません、うちの父はアブフレックスやボディブレードなどを買っては押入れの肥やしにしてきました。フィットネス器具の形状、場所取りがち問題ですよ。フィットネス器具業界はもっと収納時のことを考えていただきたいですね!

200720bodyboss_05
image:GROW

と、そんな収納問題を見事解決してみせた「BodyBoss 2.0」は、Green Fundingにて3万624円から販売中。セットアップからトレーニング開始までの早さなら『リングフィットアドベンチャー』よりも早いでしょうね。Nintendo Switch+リングフィットよりも安いですしおすし。



Source: Green Funding, YouTube

    あわせて読みたい