誘拐された女の子の名前でWayfairの家具や枕が100万円以上で売られている! とネットが大発狂

  • 32,862

誘拐された女の子の名前でWayfairの家具や枕が100万円以上で売られている! とネットが大発狂
Image: Wayfair|いかにも人が入っていそうなロッカーではあるが…

一見なんの変哲もないしょぼいロッカー。

なのに価格は1万4499.99ドル(約155万円)。

しかも全部、在庫は1点で、商品名に女の子の名前がついています。

家具販売サイトのWayfairでそんな奇妙なロッカーコレクションを見つけたPrincessPeach1987さんは、なんだか気味悪くなって…

「これってもしかして人身売買? 異様に高いだけ? 商品名見て吐きそうになってるんだけど」

Redditにスクリーンショットを報告しました。

するとそれを読んだネット民が大発狂。みんなで怪しいもの探しがはじまって、あっという間に「Wayfair人身売買説」がTwitterトレンドトピック、Know Your MemeSnopes掲載の殿堂入りを果たしてしまったのです!

一貫性のない値付け

ロッカーの名前はNeriah、Yaritza、Samiyah、Alyvia、Alaysia、Annabell、Kylahなどで、平均すると1アイテム1万3000ドル(約139万円)します。同じ出品者・WFX Utilityのほかのアイテムを見てみると、こんなゴージャスな新品のキャビネット5点セットが1,430ドル(約15万3000円)とかで売られているのに…なんで? って思いますよね。

削除で一段と騒ぎが加速

前々からおかしいと思ってたとRedditに名乗り出たのはForsaken-Clockさん。確かめてみたときにはすでに人身売買ホットラインに通報された後で、ロッカーはWayfair.comから全部跡形もなく消えていました(Googleのキャッシュでまだ見れますけどね)。

ほかにもRedditにはコメントが2,600件ついています。「サイトから削除するなんて、まったくわが目を疑うよ」「ここってWayfairに出品している個人事業主じゃない?」という声も…。

出品者はWayfair LLCが商標登録の届出をしたWFX Utilityというストアです。納入者は不明。Wayfairにコメントを求めたけど回答は得られませんでした。

Wayfairは(もちろん)完全否定

「買って中身を確かめてやる!」という強者がカスタマーサービスに電話した映像を公開していますけど(現在は削除されている)、窓口のスタッフは「サプライヤーの商品説明にミスがあったので、そのページは削除されました」と説明しています。Reutersなどが報じた公式声明は次のとおりです。

噂はもちろん事実無根です。当該商品は産業用ロッカーですので、価格は正しく表示されています。サプライヤーから提供された写真と商品説明は仰るとおり価格と釣り合いませんので、サイトから一時的に削除したうえで、もっと納得感のある商品説明と写真、商品名を準備中です。

20200715Wayfair_locker_Yaritza
削除されたページ
Image: Wayfair, Google Cache

ボストンのWayfair本社では昨年6月、メキシコ移民収容施設への家具納入に抗議する社員ストライキがあったばかりですからねぇ…。親と引き離されて収容されている児童は4,368人にものぼり(今年1月時点)、保護者の目の届かないところで人身売買の餌食になるのでは…とみな心配しているので、その思いがこういう形で出てしまっているのでしょね。折しもアメリカでは、少女人身売買で捕まって獄死したエプスタインの元愛人Ghislane Maxwell(ギレーヌ・マクスウェル)容疑者の裁判のニュースもありましたし。

商品コードで女の子の写真が検索できる?

ネットでは、「ロシアの検索エンジンYandexにsrc us+SKU(商品コード)を入力して画像検索にかけると、女の子の露出の高い写真が大量に出てくる」とビビッてる人も大勢いますが、これは下手すると違法行為なので真似しないこと

「src.ru」というのは「ペドの符牒」というか、ロシアのそれ系の画像サイトのURLの末尾です。トム・ハンクスのインスタ写真に地面の落書きが写り込んで「世界にペド(幼児性愛者)宣言!」と騒がれたのでお馴染みの人もいると思います(Wayfair騒動で騒ぎが再燃し、トム・ハンクスはえらい迷惑してるらしい)。

なので、別にSKUコード(商品コード)とか入れなくても、「src us」で検索すれば、反吐が出る画像はいくらでも出てくるんですね。Yandexなんて「young」と検索するだけでそういうのワーッと出てくるので、商品コードで実物写真が検索できるというのはちょっと飛躍し過ぎだと思います。

誘拐・行方不明の女の子の名前で売られている100万円の枕

誘拐被害者・行方不明者の実名と商品名を照合する人も続々現れています。たとえば@QTheWakeUpさんもそのひとり。結果をツイートしたら、中の女の子のひとりが「こうしてピンピン生きてるけど何か?」と怒ってFacebookで動画を公開する一幕もありました。

一方、@Jrodgers80さんからは100万円の枕発見の報告も入っていますよ。

9,999ドルの星座枕も見つかった。 Durrett、Dycus、Dziedzicなどなど珍しい名前ばかり。Googleで検索したら全部誘拐されたティーンの名前だった。

この枕シリーズも「2秒で値段が32.49ドルになった!」(@CaseyFr65348323さん)、「画面をリフレッシュしたら値段激減りした!」(@chiduty7さん)と騒がれているうちに即削除されました。

名前を入れてカスタマイズすると100万円になる謎仕様

ちなみにこの枕。定価46.99ドル(約5,034円)で掲載されている枕もあります。でも発注画面で名前を入れるオプションを選んだ突端、どうしたわけか1万.49ドル(約107万円)になったとのこと。ただのバグでこういうこと、あるのかな…。

100万円のサボテンの横にある意味深な本たち

異様に高いアイテムはほかにもウヨウヨ見つかっています。

1万6699.99ドル(約179万円)の日よけ

1万4199ドル(約152万円)のシャンデリア

1万3999ドル(約150万円)のヒーター

3,549.99ドル(約38万円)のビーンバッグ詰め替えビーズ(んなもん1,500円もしないのにね)

9万9999.99ドル(約107万円)のサボテン

そして100万円のサボテンのに目を凝らすとそこには…

20200715Wayfair_cactus
Image: Wayfair

ケネディの本と、初出馬でスキャンダルもみ消しに奔走したビル・クリントンがモデルの「Primary Colors」。サボテンの引き立て役にしては重すぎると疑いの目が向けられています。ま、そんなこと言ったら左にあるオルタンス・ド・ボアルネ(ナポレオン1世の養子であり義妹)のラブロマンス「A Rose for Virtue」だって充分怪しいけど!

桁違いに高い花瓶

20200715Wayfair_locker_vase
Image: Wayfair

極めつけはこの花瓶。何の造作もないクリスタルガラスなのに、気になるお値段19万6999.99ドル(約2107万円)。ワケがわかりません。「21インチ=21人って意味じゃないの?」と言ってる人もいて、あー確かに21で割ると100万円かぁ…と納得しかけたり(違)。こっちの頭も相当ワケがわからなくなってます。

真相は闇の中

料金設定は売り手の自由なので、あまり深く考えずに入れちゃったか、あるいはまた、マネーロンダリング。そう考えるほうが人身売買よりはずっと自然な気がします。Etsy、Amazonでも同じ現象は確認できるので、Wayfair固有のバグということでもなさそうです。はて…?

    あわせて読みたい

    powered by