ポンとスタンプするだけで貼れる両面テープ。剥り直しも簡単だからスクラップもはかどりそう

  • ROOMIE
  • Buy
  • author 小池田
ポンとスタンプするだけで貼れる両面テープ。剥り直しも簡単だからスクラップもはかどりそう
Image: Amazon.co.jp

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ROOMIEからの転載

両面テープは、ノートや手帳にスクラップしたり、壁にポストカードや写真を貼ったりするのに便利ですよね。

だけど、必要な長さだけ切り出すのは手間だし、はくり紙(剥離紙)から剥がしにくいし、取り扱いが面倒だなと思っていました。

簡単に扱える両面テープがあれば、もっと作業が捗るんだけどな。

ポンとスタンプするだけで貼れる両面テープ

Image: Amazon.co.jp

カンミ堂の「タップテープ」は、そんな両面テープの使いにくさを解消したアイテムです。

なんと、本体を持ったままポンとスタンプするだけで、テープが貼りつけられるのだとか。

目からウロコのアイデア

Image: Amazon.co.jp

なぜ、スタンプするだけで簡単にテープが貼れるのでしょう?

カンミ堂の商品説明ページによれば、その秘密ははくり紙にあらかじめ、等間隔(10mm×12mm)にカットされたテープがセットされているから(1ロールで100片)。

テープは切れているけど、はくり紙は繋がっているのがポイントです。本体の角からはくり紙を引き出すと、反対側の角にテープ1片が用意されます。あとは貼りたい物にゆっくり押し付けると、テープがポンと貼りつけられるというわけ。

どんどん貼っていきたい場合、引き出したはくり紙がある程度長くなったら、手でちぎればOK。

はさみでいちいちカットする必要がないし、はくり紙を剥がそうとして手にテープの糊が付くこともありません。

メーカーの使い方説明ページでは、動画(YouTube)で実際に使っている様子も見ることができますよ。

自由に貼って剥がせる

Image: Amazon.co.jp

また、「タップテープ」の糊はクッション性のある粘着素材を採用していて、紙だけでなく壁にもしっかり貼りつくとのこと。

しかも、テープの表と裏の粘着力に差をつけているそう。

これにより、壁などに一度貼ったものを剥がして、別の場所に貼ることも可能なのだとか。デスクの横にToDoリストを貼ったり、アイデアを書いたメモを貼ったりして、考えをまとめるときにも活用できそう。

ただし、スタンプしてテープを貼ったもの自体からテープを剥がすことはできないようなので、注意しましょう。

かわいいデザインで気分が上がりそう

Image: Amazon.co.jp

カンミ堂の「タップテープ」は横幅41mm×高さ57mm×奥行き14mmという、カードの約半分のサイズだから、カバンの中に入れてもかさばらず、持ち歩きできそう。

それに文房具といえば素っ気ないデザインのものもありますが、本体カラーがグレー・スモークブルー・ホワイト・マスタードの4種類あり、いずれもナチュラルで上質な雰囲気。

デスクに置いていても映えますし、使うたびに気分を盛り上げてくれるのではないでしょうか。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Source: Amazon.co.jp

あわせて読みたい

powered by