ARM版MacBookが年内に出るってウワサ。思ったよりはやーい

  • 22,362

  • author 塚本直樹
ARM版MacBookが年内に出るってウワサ。思ったよりはやーい
Photo: amito

意外に早い!

「Apple Silicon」を搭載したARM版Macへの移行は、2020年末から始まるかもしれません。その先陣を切るのは、ARM版MacBookなのでは、というウワサが流れています。

一致する「年内にARM版MacBookが2機種登場」のウワサ

DigiTimesによると、年内にARM版MacBookが2機種登場するそうです。具体的には、13インチMacBook ProとMacBook Air。今年の第3四半期(7月〜9月)には台湾の部品メーカーからのコンポーネントの出荷が開始されるそう。

ARM版Macについては著名アナリストのミンチー・クオ氏も予測を伝えており、まず13インチMacBook Proが2020年第4四半期(10月〜12月)に、そしてMacBook Airが2020年第4四半期〜2021年第1四半期(2020年10月〜2021年3月)に登場すると報告しています。

ARMアーキテクチャを採用したApple Siliconはグラフィックスや人工知能の処理で優れているとされており、また対消費電力性能の高さも期待されています。まさに、ポータブルなMacBookシリーズにピッタリのプロセッサというわけです。自社製プロセッサを採用することで、本体価格の下落も期待できます。

新しいiPadの情報も

さらにDigiTimesによると、2020年後半には10.8インチの新型iPadがリリースされるとも伝えています。こちらでは、現行モデルのA10プロセッサからA12プロセッサに刷新されるそうです。廉価でApple Pencilが使えるタブレットを探している方には、こちらも気になる情報ですね。

Source: DigiTimes via TechRader

    あわせて読みたい

    powered by