Galaxy Tab S7+はiPad Proの真のライバルになる

  • 11,370

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • 塚本直樹
Galaxy Tab S7+はiPad Proの真のライバルになる
Image: Samsung

Androidタブレットの復権に期待。

8月5日にSamsung(サムスン)が開催するGalaxy Unpackedイベントでは、発表が予想される5つの新製品のうちのひとつとして「Galaxy Tab S7」「Galaxy Tab S7+」が期待されています。

そしてWinFuture.deが入手した情報によると、Galaxy Tab S7は昨年登場したGalaxy Tab S6のアップグレード版に相当し、11インチの液晶ディスプレイや6GBのRAM、Snapdragon 865 Plusを搭載するようです。

pd8twi3crzqivpna9lip
Image: Samsung via @Evleaks

一方で、Galaxy Tab S7+はサムスン史上最大級(Galaxy Tab View除く)のタブレットになるようです。画面には12.4インチ/120Hz駆動の有機ELディスプレイを備えており、まさ12.9インチサイズのiPad Proのライバル的な存在。タブレットとラップトップのハイブリットデバイスと考えると、大画面はウェルカムですね。

また、120Hzというリフレッシュレートと美しい有機ELの組み合わせも魅力的です。Winfuture.deによると、Galaxy Tab S7とS7+ではどちらも9nmという低い入力レイテンシでSペンが利用できるそう。もちろん、Sペンは製品に付属します。

Video: Samsung/YouTube

バッテリー容量はS7が7,040mAh、S7+が1万90mAhとどちらも比較的大きく、スタイラス用のマグネットワイヤレス充電、クアッドスピーカー、顔認証機能などを搭載します。また、スマートフォン/タブレットのデスクトップ化機能ことDeXの進化にも期待したいところです。

dxbvitj0ldff1q6w4ddy
Image: Samsung via Winfuture.de

なおWinFuture.deによれば、Galaxy Tab S7もS7+もイヤホンジャックがなく、USB-Cポートしか搭載されていないようです。有線イヤホンを接続するには、アダプターを利用する必要があります。

現時点ではGalaxy Tab S7/S7+の価格や発売日はわかっていませんが、数少ない本気のアンドロイドタブレットとして、Apple(アップル)やMicrosoft(マイクロソフト)の製品に対する意地を見せてほしいものです。

    あわせて読みたい