印中デジタル開戦!? インドが中国アプリ59種禁止でTikTok涙目

  • author satomi
印中デジタル開戦!? インドが中国アプリ59種禁止でTikTok涙目
Image: ギズモード編集部

13.5億人がゴゴゴゴゴゴ…。

TikTok最大利用国のインドがTikTokの使用を禁じ、想像を絶する規模のエクソダスが進行中です。

ヒマラヤ国境ラダックの印中衝突で兵士20人が死亡したことに対する報復措置。これまでTikTokがインド進出に投じた10億ドル(約1075億円)余りの投資はこれでパーとなり、世界のユーザーの3分の1を失う痛手に相当。運営会社ByteDanceが受ける総被害額は60億ドル(約6450億円)にものぼるとされます。

ダメージ順に選んだとしか思えないリスト

インド政府が29日に禁じた中国系アプリは全部で59種あり、ほかにもTencent(騰訊)のQQアプリ群、中国版FacebookのWeChat、中国版ツイッターのWeibo、TikTokの競合Kwai(快手)、モバイルブラウザの UC Browser、LenovoのスピンオフSHAREit 、検索エンジンBaidu(百度)の地図、インド国内最大スマホベンダーXiaomiのMiコミュニティとビデオコール、 城育成シミュレーションRPG「クラッシュ・オブ・キングス」など錚々たる顔ぶれです。

各アプリのアクティブユーザー数は、こちらのIndia Todayの報道番組で見れます(9:00~)けど、おのおの1億人単位でドッカーン、ドッカーンとくる感じ。こりゃ中国たまったもんじゃないですよね。

人気急降下の中国アプリ(12:50~)に代わって、国産アプリ~のBigoなどが人気急上昇(13:22~)
Video: India Today/YouTube

「Delete China」、「インド・ファースト」で挙国一致

国民はおおむね政府の決定を支持しています。中国製アプリを一斉削除するRemove China Apps」なんてアプリが大人気で、「Delete China」「インド・ファースト」が今や国民の合言葉。昔は平和五原則で仲良くやっていたのに、やっぱり国境の恨みは怖い…。

次はHUAWEI?

中国からの投資案件を反故にする動きは高速道、橋、モノレール、発電所、4Gネットワーク、自動車製造など広い分野に拡大しており、「HUAWEI(ファーウェイ)とZTEを禁じたアメリカに続け」という声さえあります。ファーウェイはインドに20年前に進出して現地に7,500人の社員を抱える大企業なので、そうそう簡単にいかない面もありますが、やはり英、カナダ、豪、シンガポールがHUAWEI排除を決めたことが大きいのか、インドも「通信インフラは国産で固めないと国家の非常時に安心できない」という認識に急速に傾いているようです。

アプリ禁止の具体的な期間や進め方はまだわかりませんが、AndroidとAppleのストアからはすでに取り下げとなり、みな国産アプリや米国のアプリに乗り換え中です。ダウンロード禁止なのはもちろんですが、ダウンロード済みのアプリの使用も禁じられることが徐々に明らかになり、気の早いインフルエンサーはもうサッサと見切りをつけて「インスタ、YouTubeをフォローしてね」とハッシュタグ「#byetiktok」で別れの挨拶を配信していますよ。

@deepwalia

Byeeeee TikTok##byetiktok##deepwalia

♬ original sound - divyankasirohiaa
@bhupinder_1999

Please connect with me on ig- Bhupinder_19❤️😭🎮 and subscribe to my utube channel🎮❤️👀 ##tiktokban##lastvideo##pubg##fortnite##ps4##fyp##foryou

♬ オリジナル楽曲 - 🐷きょっちゃん🐽

軽やかだ…。

Source: Government of IndiaGlobal Times

    あわせて読みたい