この夏のスタメンは背中が蒸れにくいバックパック。あり余る収納力は、旅行でも存分に活躍する

  • ROOMIE
  • machi-ya
  • Buy
  • author メディアジーンメディアコマース
この夏のスタメンは背中が蒸れにくいバックパック。あり余る収納力は、旅行でも存分に活躍する
Photo: きむ(ら)

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ROOMIEからの転載

荷物がたくさん入るのに、楽に持ち運べる。そして両手も塞がらないので、バックパックが好きなんです。

ただ今までは、内側にポケットがない(もしくは少ない)シンプルタイプのバックパックをよく使っていました。

しかし多機能なバックパックを使ってみたら、これもまたとってもよかったんです〜!

よく考えられたバックパック

DSC_5388
Photo: きむ(ら)

それが、クラウドファンディングサイトmachi-yaでも扱われている「Errant pack」というバックパック。

DSC_5370
Photo: きむ(ら)

まず最初に驚いたのが、マグネットの力を使った固定方法

トップカバーにこの仕組みが使われているため、カチャッと一発でカバーを開け閉めできるんです。

小気味よい感じが病みつきになって、意味もなく何度も開け閉めしてしまいます。

DSC_5389
Photo: きむ(ら)

この他にもチェストストラップやPCスリーブにもマグネットの仕組みが使われていて、とっても便利。

DSC_5371
Photo: きむ(ら)

PCを入れるスリーブ付きのバックパックはよくありますが、「Errant pack」にはクッションが付いているだけでなく、スリーブが2つあります。

最近はPCの他にタブレットなども持ち運ぶこともよくあるので、どちらもいっぺんに安心して持ち運ぶことができます。

DSC_5377
Photo: きむ(ら)

ちなみに電子機器を持ち運ぶ場合には防水性も気になるところ。

ファスナーも含めて、全体的に防水性に優れた生地が使われているため、安心です。

DSC_5368
Photo: きむ(ら)

また、メイン収納スペースの下には靴を入れるスペースまであるんです!

写真では27cmのスニーカーを入れていますが、使わないときにはフラットになるので、メイン収納を無駄に圧迫することはありません。

靴以外にも、濡れていたり汚れてしまったものの収納にも丁度よいこのスペース。うまく作られてるなぁ。

背負い心地もバッチリ

DSC_5407
Photo: きむ(ら)

ここまで多機能だともはや当たり前にも思えてきてしまいますが、バックパックの基本性能である背負い心地もバッチリ

DSC_5366
Photo: きむ(ら)

弾力性があるので背中が痛くなりにくいだけでなく、通気性も考えられているため、暑い季節に背負っていても背中がベタッとなりにくいのはうれしいところ。

蒸れの防止とフィット感を両立させているのは、さすがです。

気になるところ:ポケット多すぎかも

DSC_5372
Photo: きむ(ら)

このバックパック、よくも悪くもポケットがたくさんあります。

いい面としては、細かく収納できるので使いこなせばとっても便利。

DSC_5382
Photo: きむ(ら)

背中にもポケットがあるため、旅行中にはパスポートを入れておくこともできます。

しかし、あれこれ適当に入れていくと「どこに入れたっけ?」となることもあるので、そこは注意が必要です。

以前使っていたカバンなのですが、キャラメル(らしきもの)が入っていたことをすっかり忘れていて、数ヶ月後にドロドロの状態で発掘……なんてこともありました。

このバックパックでも同じようなことをやらかさないように気をつけます。

スーツケースのように180度開く

DSC_5369
Photo: きむ(ら)

メイン収納部は端から端までファスナーが付いているので、全て開くとスーツケースのように180度開くことができます。

DSC_5421
Photo: きむ(ら)

しかも背中側にファスナーが付いているので、広げたときにも中身が見やすい。本当に、隅々までよく考えられたバックパックです。デイリーユースから仕事、さらには旅行まで、幅広く使えるのでとってもおすすめですよ!


>> 旅行やアウトドアにもおすすめなバックパック「Errant pack」のオーダーはこちら

Source: machi-ya

    あわせて読みたい