スター・ウォーズのドラマ『マンダロリアン』がエミー賞で13部門でノミネート

  • author 傭兵ペンギン
スター・ウォーズのドラマ『マンダロリアン』がエミー賞で13部門でノミネート
Image: Alberto E. Rodriguez / ゲッティイメージズ

ライバルはドラマ版『ウォッチメン』。

Disney+(ディズニープラス)で配信中のスター・ウォーズのドラマ『マンダロリアン』が、アメリカのTV業界のアカデミー賞とも言われる第72回エミー賞で、13部門にノミネートされました。

マンダロリアンがノミネートされたのは、最も優れた作品に贈られる作品賞から、編集、メイク、衣装、撮影、音楽、特殊効果、キャラクターの声の演技、ゲスト男優賞などなど多岐にわたる13部門。さらに編集部門では複数のエピソードがノミネートされているので、合計15ノミネートとなっています(リストはスター・ウォーズ公式サイトに掲載中)。

惜しくも、作品賞に続く主要な賞である、監督賞、脚本賞はノミネートを逃しているようですが、それでもかなりの評価を受けているのは明らか。作品を見る限り、むしろ監督賞、脚本賞にノミネートされていないのが不思議なくらい。

賞争いで、『マンダロリアン』の大きなライバルとなりそうなのがHBOのドラマ『ウォッチメン』。DCコミックスの名作の中の名作とされる作品の続編という位置づけで、非常に大きく話題となったドラマで、今回最多の26ノミネート

また、そこに続くのが、50年代のアメリカを舞台にユダヤ系女性コメディアンの活躍を描くAmazonのドラマ『マーベラス・ミセス・メイゼル』で、20ノミネート。アメリカコメディとユダヤ教徒の文化描写と女性の自立を描く面白い物語もさることながら、とにかく撮影や衣装が美しく高い評価の納得がいく作品で、シリーズ開始以来続けてエミー賞を含む様々な賞を受賞しています。

といった具合で、かなり強力なライバルが揃っていますが、果たして『マンダロリアン』は受賞できるのか……! 同じくDisney+で配信中のアニメ『スター・ウォーズ レジスタンス』も子供番組部門 でノミネートされており、ファンとしてはそちらもどうなるか気になるところ。

授賞式は現地時間9月20日を予定。ちなみに今年はコロナ禍の影響で例年通りの劇場での開催が危ぶまれており、バーチャル開催も検討されているとのこと。

Source: Star WarsEmmyUSA TODAY

      あわせて読みたい