カードの受け渡しによる感染を防ぐ「全自動カードクリーナ」が開発される

  • author 小暮ひさのり
カードの受け渡しによる感染を防ぐ「全自動カードクリーナ」が開発される
Image: 株式会社マースウインテック/PR TIMES

COVID-19(新型コロナウイルス)と人類との戦い。

現在のところワクチンはまだ開発中で防戦一方ですが、広がりを防ぐための知識、ノウハウ、技術は徐々に整いつつあります。そしてこの戦いを有利に進めるために、また1つ新たな武器が追加されます。

マースグループホールディングス傘下の株式会社マースウインテックが開発したのは、カードの受け渡し行為が感染経路にならぬように、カードを除菌できるカードクリーナー

自動でカード除菌ができる設備となり、何枚ものカードを連続して消毒できる大容量対応 ストックカードクリーナ 「CL-76S」と、卓上のカードクリーナー、「CL-76D」/「CL-76R」の2製品が発表されています。

大量のカードをまとめて消毒できる「CL-76S」

Video: 株式会社 マースウインテック / YouTube

カードをセットしておくと、1枚ずつカード表裏全面にアルコールを塗布し、拭き取って排出。最大200枚を一括でクリーニングできます。その日回収したカードをまとめてキレイにしておくシーンに便利そう。

1枚ずつ消毒できる卓上サイズの「CL-76D」/「CL-76R」

Image: 株式会社 マースウインテック / YouTube

受け渡し前に消毒するスタイルがこちら。

カードを受け取る前に目の前で除菌してくれるというのは、このご時世に沿った気配りですね。ちなみに、「CL-76D」が後面にカード挿入 → 前面に排出で、「CL-76R」が前面にカード挿入 → 前面に返却です。

これら 「全自動カードクリーナ」は2020年8月より販売開始で、現在先行予約が始まっているようです。

新型コロナウイルスだけじゃなくて、全体的な衛生レベルの向上に繋がりますし、こう渡してくれたら僕らとしても安心できますよね。また、使う方としてもアルコールに触れなくても済むため、手荒れの心配が無いのも良い構造。

カードキーを利用する宿泊施設や、病院の受付システム、クレジットカードの受け渡しがあるショップなどで除々に広まっていき、やがて当たり前の1台になりそうな気もしています。

こうした、いくつもの「防ぐ」努力が、多くの人を救うことに繋がると信じています。

Source: PR TIMES, 株式会社マースウインテック, YouTube(1, 2

カードクリーナー ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい