MozillaのVPN、月額5ドルの価値はある?

  • 7,632

MozillaのVPN、月額5ドルの価値はある?
Image: Mozilla

初心者にも使いやすいとか。

ブラウザ「Firefox」を提供する、プライバシー・セキュリティの非営利団体でもあるMozilla(モジラ)が独自のVPNサービスを始めました。ベータ版テストを終えて公式にローンチされたMozilla VPNは、月額4.99ドル(約535円)で利用可能となっています。

そもそもVPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク)とは、地域外の情報にアクセスし、パブリックネットワークでの閲覧を保護する機能として広く活用されてきました。仕事で毎日使っているという人も少なくないのでは?

現在利用可能なのは…

Mozilla VPNのサブスクリプションは、最大5台のデバイスに対応、帯域幅の制限はなし。現在のところ、アメリカ、カナダ、イギリス、シンガポール、マレーシア、ニュージーランドで利用でき、年内に他の国々でのローンチを予定しているそうです。

また現時点では、AndroidWindows 10に対応。iOSバージョンは今のところベータ版状態だそうです。今後、Linux、Macへのサポートはどのような展望なのかというと、同社Webサイトによれば「coming soon」とのこと。

VPNのサブスク

サブスクとなると、おそらく多くの人が気になるのはいくら出費が増えるのか。金額だけ並べてみると、Mozilla VPNが月額4.99ドルなのに対して、Private Internet Accessは年間払いの場合で月額363円、毎月払いで1,086円、ProtonVPN Plusは年間払いで月額8ユーロ(約979円)、毎月払いで10ユーロ(約1,223円)となっています。

そのほかVPN選びの際にチェックしたいのが、どんな特徴で、どれくらいのスピードなのか、そしてデータはどう扱われるのか。低コストあるいは無料でサービスを利用する代わりに、どんなサービス主体が背後にあるのかわからないとなれば多かれ少なかれ不安が残るものです。

Mozilla VPNによれば、その特徴はシンプルで使いやすく、初心者ユーザーにも向いているのだそう。ネットワークアクティビティを追跡・記録することはなく、同社のデータプライバシーポリシーに従うといいます。また公式ブログによれば、オンラインでの行動からプロファイルを作成するようなサードパーティの分析プラットフォームとは提携していないとのこと。セキュリティには自信があるようで、サードパーティに製品の監査を依頼し、年内にレポートが出る予定だとWiredが伝えています。トラッキングなしで月額5ドルのVPN。これはなかなか試してみる価値アリかも...!

    あわせて読みたい

    powered by