海外のポケモンカードゲームに「レイドバトル」が導入。リモート対戦もOK

  • 5,612

  • author ヤマダユウス型
海外のポケモンカードゲームに「レイドバトル」が導入。リモート対戦もOK
Image: Pokémon Trading Card Game Raid Battle

既存カードを活用した新たなTCG(トレーディングカードゲーム)スタイル。

ポケカこと「ポケモンカードゲーム」の海外版において、4人のプレイヤーが協力して敵を撃破する新ルール「レイドバトル」が導入されました。

元ネタのAutomatonによると、シリーズ最新作『ポケットモンスター ソード・シールド』のマックスレイドバトルに似たスタイルで楽しめるルールとなっていて、敵もダイマックス化したポケモンです。現実版のレイドとでもいいましょうか

Video: The Official Pokémon YouTube channel/YouTube

ルールを説明しよう!

通常のポケカよりもルールはかなり簡素化してるようですね。ざっと見ていきましょう。

・4人のプレイヤーは2枚ずつポケモンを準備する

・それぞれのプレイヤーがもつポケモンのもっとも攻撃力の高いワザの合計値を参考に、レイドボスの強さを決める

・プレイヤーはポケモンを一体選出し、もう一体はベンチにひかえておく

・レイドバトル開始。プレイヤーはワザを宣言してボスにダメージを与えて、ダメージカウンターをのせていく

・プレイヤーが攻撃を終えるとレイドボスのターン。攻撃の山札を引いて、書かれたワザを指定されたプレイヤーに使用し、ダメージを与える。このとき「もう1枚引く」と書かれていれば、連続して攻撃の山札を引く(最大4回行動)

・ボスの攻撃に耐えられなかったポケモンはきぜつ状態になり、きぜつカウンターをポケモンのうえにのせる

・きぜつ状態ではワザが使えず、応援カードの山札からカードを引いて、プレイヤー側をサポートする。応援には「トレーナーのHP80回復」「このターン中、与えるダメージは50増加する」などがある。きぜつ状態は1ターン経過すると回復し、攻撃に参加できる

・他のプレイヤーは引き続き攻撃、あるいはベンチのポケモンと交代して攻撃する。これを繰り返して、ボスのHPを上回るダメージカウンターをのせればプレイヤーの勝利

・逆に、プレイヤー側のポケモンが4回きぜつすると(きぜつカウンターが4枚つく)、プレイヤー側の敗北

応援やボスの連続攻撃、4回きぜつで敗北など、限りなく『ポケットモンスター ソード・シールド』のレイド近いルール。ふしぎなバリアや10ターン制限などのギミックはありませんが、もっと歯ごたえのあるバトルを楽しみたいという場合には、ワザのタイプ別相性や、バフ・デバスの付与が推奨されています。

レイドバトルに必要なカードやカウンター、プレイマットは、公式サイトからDL可能。レイドボスのデータはWeb上でもセットアップできるので、リモートデュエルのようにWebカメラやスマホ使ったリモート協力プレイも可能です。TCGにおいて対面以外の楽しみ方というのも、少しずつ増えてきましたね。

Source: Pokémon Trading Card Game Raid Battle via Automaton

    あわせて読みたい

    powered by