ワイドでシネマなアスペクト比をあなたのミラーレスにも。SIRUIからアナモルフィックレンズが出るみたい

  • 5,757

  • author 武者良太
ワイドでシネマなアスペクト比をあなたのミラーレスにも。SIRUIからアナモルフィックレンズが出るみたい

静止画でもいい思うんだ、2.4:1のアスペクト比って。

シグマfpユーザーさんのツイートを見ていると、実に楽しそう。横もしくは縦にググーッと長くてダイナミックなシネマスコープ写真をいっぱい披露していてさっ。

最近は16:9以上にワイドなアスペクト比のスマホが増えてきたし、スマホやタブレットみたいに指先一つで拡大縮小が自由自在なデバイスで見るなら、写真の縦横比ってもっと自由になっていいよね。そんな時代だからこそ、シネスコで撮れるfpいいよな、と思えてくるじゃないですか。

いやまてよ? ひと手間かけてもいいなら、アナモルフィックレンズ使ってもいいかもな。

35mm Pre-launch video for IndieGoGo campaign.

Lead the Cine-Tide! Push your cinematic side with the SIRUI 35mm Anamorphic Lens...

https://www.youtube.com/watch?v=3plYMDE-IPo

SIRUI(シルイ)がIndiegogoでクラウドファンディングしようとしているのが、「SIRUI 35mm/F1.8 1.33X アナモルフィックレンズ」。フルマニュアルの映画撮影用レンズです。

2.4:1(21:10)のシネマスコープ で撮影できるレンズなのですが、通常のレンズとは違います。横方向をググッと圧縮して縦に伸びたような状態で記録するレンズなのです。

a04
Image: YouTube

撮影後の映像や写真は、基本的にPCを使ったポスプロ作業が必要。2.4:1の比率となるよう横方向に伸ばして現像して完成です。

前述したように手間のかかるレンズです。しかし普通のレンズを使ってトリミングしたものと異なり、アナモルフィックレンズはセンサーの性能をフルに活かせるというメリットあり。

逆にレンズの端は歪みが目立つ。でも撮影後に拡張するという個性を生かして、楕円形の丸ボケや横に広がる光線がキャッチーで作品のアクセントになっちゃう。

対応マウントはマイクロフォーサーズマウント。さらにマウントアダプタを介して、ソニーEマウント、キヤノンEF-Mマウント、ニコンZマウントのAPS-Cボディでも使えます。

価格などのデータは一切不明。気になる方は、日本時間で8月3日23時からはじまるIndiegogoを楽しみにしましょう。

Source: SIRUI , Indiegogo

SIRUI 35mm/F1.8 1.33X アナモルフィックレンズ ほしい?

  • 0
  • 0
SIRUI

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by