運動不足解消に。折りたためるルームランナーがクラファン中

  • 15,851

  • author 岡本玄介
運動不足解消に。折りたためるルームランナーがクラファン中
Image: INDIEGOGO

まるでパカパカ携帯電話。

一体型の手すりがなく、ふたつ折りにして収納しやすいルームランナー「WalkingPad S1」が、INDIEGOGOで出資金を募っています。外出を控え、ジムにも通えない人たちに持ってこいのマシーンかと思います。

Video: Xueling Gao/vimeo

ふたつ折りにすれば、壁に立てかけても、ソファーの下の隙間に横置きにしてもOK。従来のゴツいルームランナーと違ってまったく邪魔にならないのが良いところです。

しかもゴツい方はだいたい65dBほどのモーター音なのに対して、「WalkingPad S1」は45dbと静音設計。この下にヨガマットを敷くなどすれば、夜でも近所迷惑を気にせずカロリーを消費できそうですね。

圧力センサーで速度をコントロール

面白いのは、ベルトの下に圧力センサーが内蔵されており、「Feet Sensory」技術でユーザーの位置を正確に検知する点。速度計に近いエリアが加速ゾーン、中央が一定速度ゾーン、そしてその後ろが減速ゾーンに分かれているので、ベルトの回転を速くしたければ前に出て、希望の速度になったら中央に戻り、遅くしたければ後ろに退いて、気に入ればまた中央でウォーキングやランニングを継続するわけです。

リモコンとアプリからでも、同様に速度を変えられるとあって、選択肢が複数あるのは便利そうです。

200709_romrunner2
Image: INDIEGOGO

また、もしも足の動きが検知されない場合は、自動で止まるよう設計されています。別売りの手すりを併用すれば、初心者や高齢者にも安心ですね。

タッチパネルでデータをチェック

速度表示はタッチパネルとなっており、明るさの調節や、速度、時間、歩数、消費カロリー量を見ることができます。そしてフレームはアルミ合金製なので軽くて丈夫。重さは約28kgで、サイズは長さ144cm、幅52cm、高さ12cmとなっており、たたんだ時の長さは82.5cmで高さが14cmとのことです

出資金は最安プランが3,636香港ドル(約5万円)となっています。執筆時は約322万円ほどの目標金額を410%も超え、221人から1325万円近い金額が集まっていました。立ち仕事ができる作業机で仕事をしながら歩けば、テレワークで運動不足になることもありませんね。

Source: vimeo via INDIEGOGO

WalkingPad S1 ほしい?

  • 0
  • 0
INDIEGOGO

シェアする

    あわせて読みたい

    powered by