2019年に廃棄された電子ごみの量が過去最多に

  • 7,760

  • author Yessenia Funes - Earther Gizmodo US
  • [原文]
  • Kenji P. Miyajima
2019年に廃棄された電子ごみの量が過去最多に
Image: Issouf Sanogo/AFP (Getty Images)

リサイクル率17.4%っていったい…。

世界はヘッドフォンや電子レンジ、ラップトップPCにエアコンなど、様々な電子機器をますますたくさん生産し続けていますが、それに比例するように電子ごみも記録的な量に達しています。新しい報告書は、2019年に人類が世界中で廃棄した電子ごみの総量が過去最多となり、より重大な問題になってきていると結論づけています。

電子ごみが5年間で21%も増加

報告書は国連大学、国際電気通信連合、国際固形廃棄物協会が、世界保健機関(WHO)および国連環境プログラムと共同で主導している取り組みである『Global E-waste Monitor』によって発表されました。

通算3回目の報告書で示された傾向は決して明るいものではないようです。2019年に世界で発生した電子ごみの総量は、2014年よりも920万トン多い5,360万トンに達しました。5年間で電子ごみが21%も増加しています。今回の報告書によると、そのうちたった17.4%しかリサイクルされなかったのだとか。21世紀にもなって、82.6%がただのごみくずに…。

著者の国連大学プログラム・アソシエイトであるヴァネッサ・フォルティ氏はEartherにこう述べています。

もっとも驚くべき事実は、回収・リサイクル率が期待したほど高くなっていなかったことでした。リサイクルはもっと機能していると思っていました。

電子ごみが環境汚染や健康被害、温暖化の原因に

電子機器の回収・リサイクルが行なわれていないとなると、なんらかの形で環境汚染につながっている恐れがあり、非常に懸念されるところです。電子機器には、鉄や銅、金、水銀、難燃剤などの貴重かつ有毒な物質が含まれています。さらに、冷蔵庫やエアコンのような家電製品は、多くのケースで気候危機を悪化させる強力な温室効果ガスのクロロフルオロカーボン(いわゆるフロンガス)やハイドロクロロフルオロカーボンを含んでいます。また、主にアメリカのような高所得国では、電子ごみの8%が最終的には埋め立て地や焼却施設にたどり着いているそうです。

『グローバル・サウス』と呼ばれる、主に南半球に位置する開発途上国の多くは、電子機器の廃棄を規制するためのルールがないため、機器の分解を個人が行なったり、適切に廃棄しないリサイクル業者に売ったりするなど、電子ごみを誤って取り扱っている可能性があります。その結果、電子機器に含まれる多くの有毒な化学物質によって、地域の土壌や水路が汚染されてしまうかもしれないとのこと。

報告書の著者は、公衆衛生、特に子どもや労働者の健康への脅威を強調しています。非公認の電子ごみリサイクル場で働いたり遊んだりして生活している子どもたちは、電子機器を燃やしたときに発生する有毒ガスを吸い込んだり、電子ごみから流出する危険な化学物質に直接触れたり有毒物質を含んだ土に触れたりすることもあるそうです。また、電子機器から金を取り出すために使われた酸などの化学物質が近くの水路に投棄されている可能性も指摘されており、それが地域の食糧システムに広がってしまうかもしれません。

電子ごみが減る気配なし

報告書は、電子ごみを取り巻く状況が改善されていないことも示唆しています。世界中で、基本的な台所用家電機器や携帯電話を手に入れる家庭が増えています。エアコンの電子ごみは目を見張る勢いで増加していて、地球温暖化の影響で使用量は増加の一途を辿ると予想されています。これらの家電製品は、人々の生活の質と公衆衛生の向上に重要な役割を果たす一方で、厳格な廃棄・リサイクル政策がなければ、汚染の原因になる可能性もあります。

リサイクル率を高めるには国際的な取り組みが不可欠

現在のところ、電子機器のライフサイクルが終了したときに何をすべきかを判断するための強力かつ協調的な取り組みはないのだとか。電子ごみに対処するために何らかの政策、規制、法律を持っている国は、世界でわずか78カ国しかなく、しかもそのほとんどはリサイクルと回収率がもっとも高いヨーロッパにあります。この問題に取り組むためには、規制当局、製造業者、消費者による一体となった努力が必要です。また、多くの国がどのように電子ごみに対処しているのかについて触れていないため、残念ながら報告書自体が不完全なものになっちゃっているようです。

前述のフォルティ氏は言います。

電子ごみの廃棄は特に複雑な流れになっているため、簡単な解決策はありません。

世界中で捨てられる電子ごみは、今後も増え続けると思われます。報告書は、2030年には世界で発生する電子ごみが年間7,470万トンになると予測しています。電子ごみに関する法律やプログラムがある地域の消費者は電子機器を適切にリサイクルして、ルールのない地域の消費者が電子ごみのリサイクル政策を強く求めれば、電子ごみを出さない新しい生活様式に変わっていくことができます。しかし、地球が電子ごみに埋め尽くされる前に、まずは世界の指導者たちがどのように対処すべきかを見極めるのが、もっとも重要なのではないでしょうか。

Reference: 国連大学

    あわせて読みたい

    powered by