もしもボバ・フェットがアディダスのスニーカーになったら?

  • 11,589

  • author 岡本玄介
もしもボバ・フェットがアディダスのスニーカーになったら?
Image: adidas

アーマーのダメージまで再現するこだわりっぷり。

3本線スニーカーでお馴染みのadidas(アディダス)から、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』の40周年を祝うバスケットシューズ「TOP TEN HI STAR WARS SHOES」が登場しました。

1979年にデビューした「TOP TEN HI」の配色がボバ・フェットのトレース・グリーンという深緑色になっており、バイザーなどに使われるスカーレットと黄色が差し色になり、目を引きます。

ボバの特徴がテンコ盛り

その他の特徴としては、タンにはボバの絵柄、踵にはマンダロリアンのシンボルが、そして内側のくるぶしにはアーマーの胸に描かれているシンボルと、外側には茶色いポーチが付属しています。また靴紐にはデュブレと呼ばれるタグを付け替えられるようになっており、左右で「BOBA」と「FETT」もしくは「STAR」と「WARS」という組み合わせを作ることができます。

さらに中敷きにも、ランド・カルリジアンの基地にてトルーパーらと一緒に立っている姿、そしてコミックでの有名なセリフ「逃げても良いが疲れて死ぬだけだ」がプリントされているとのことです。

200828_boba2
Image: adidas

『スター・ウォーズ』とのコラボが多いアディダス

アディダスはちょっと前にも、ルーク・スカイウォーカーをモチーフにした「スタン・スミス」を発表しましたよね。2019年にはライトセーバーをモチーフにしたシリーズも展開しましたし、何かとコラボレーションが多いブランドです。

それらを踏まえても、このボバ・フェット色はもう、ひと目で何をモチーフにしているのかわかる完成度。「TOP TEN HI STAR WARS SHOES」の価格は84.95ポンド(約1万1900円)で、近日発売予定となっています。

足元から銀河の賞金稼ぎを演出したい人はコレですね。ですがボックスがアクション・フィギュアみたいにカッコ良いというのも相まって、「履くのもったいない」と感じる人も多いことでしょう。コレクションの仲間にぜひどうぞ。

Source: adidas (1, 2) via MIKE SHOUTS

    あわせて読みたい