Apple、アメリカ民間企業初の2兆ドル企業になる

  • author 塚本直樹
Apple、アメリカ民間企業初の2兆ドル企業になる
Image: Drop of Light / Shutterstock.com

国家予算の2倍くらい?

新型コロナウイルスをものともせず、好調な米国株式市場。そして米民間企業として初めて、Apple(アップル)の時価総額が2兆ドル(約210兆円)に到達したことが報じられています。

Appleといえば、2018年9月に時価総額1兆ドルに到達したことが報告されていましたね。ということは、わずか2年で時価総額が2倍になったことに…。アメリカのIT産業、恐るべしです。

さらにウォール・ストリート・ジャーナルによると、Appleの株価の好調っぷりは2020年に入ってから特に顕著で、50%も上昇したそうです。さらに7月の決算報告では、597億ドル(約6兆3000億円)の収益を報告しています。

なお世界を見回すと、サウジアラビアの石油会社であるSaudi Aramcoは、2019年12月に時価総額が一時2兆ドル到達しています。アメリカの株式市場を見ると、今後もApple以外の2兆ドル企業が登場しそうな予感がしますね。

Source: The Verge

    あわせて読みたい