リモートワークをAppleと共に。法人向け「Apple at Works」日本語版が登場

  • 5,771

  • author ヤマダユウス型
リモートワークをAppleと共に。法人向け「Apple at Works」日本語版が登場

本日8月7日(金)、Apple(アップル)のビジネス(法人向け)コンテンツ「Apple at Work 」の日本語版サイトがスタートしました。

最高の仕事をするためのエコシステム

Apple at Worksってなんぞ? といいますと、要は仕事で使えるAppleサービスのご提案です。過去にはApple製品を使うとこんなにも仕事がスイスイと進むよーという様子を表現したムービー「Apple at Work — The Underdogs(大逆転)」がありました。

Video: Apple Japan/YouTube

その名も “The Underdogs(「負け犬たち」の意)” と名付けられた面々が「丸いピザボックスを2日で開発する」というかなり無理めなミッションに、Apple製品を駆使して取り組むストーリー。思えば僕たちも、AirDropやApple Pencil、書類をカメラで撮影したりスケジュールアプリを使ったりと、無意識レベルでAppleという存在を仕事に活用してますよね。この記事だってMacBook Proとテキストエディタ(mi)で書いてますし。

すなわちApple at Worksとは、場所や時間にとらわれることなく最高の仕事をこなすためのエコシステム。リマインダーの設定、ドキュメントの同期、睡眠の管理から息抜きの音楽やゲームからセキュリティーまで。これまでのオフィス形態が変わったとしても、Apple製品がそれをサポートしますという宣言なのです。

NTTドコモと組んでサービス展開

またNTTドコモと協業し、国内初のパートナーキャリアとして法人向けサービスを展開。ドコモのサイトでも法人向けにApple at Worksが紹介されていて、セキュリティ性や導入の手順が紹介されています。

AppleatWork_NTTdocomo01
Image: NTT docomo

iOSやMacを使ってる人が当たり前にやっていることも、仕事に活用すればそれもひとつのApple at Worksになるかもしれませんね。ピザボックスの再開発に続く第2弾ムービー「The whole working-from-home thing(在宅勤務の舞台裏)」が特設ページにて、日本語字幕で紹介されています。まさに在宅勤務が多くなった、今の状況だからこそ活躍するApple製品たち。かなーり面白いので、ぜひご覧あれ。

Video: Apple Japan/YouTube

Source: Apple at Work

    あわせて読みたい