iPhoneがクレカ読み取り端末に? Appleが支払システム系スタートアップを買収

iPhoneがクレカ読み取り端末に? Appleが支払システム系スタートアップを買収
Image: Getty Images

ますます何にでもなるスマートフォン。

ネタ元のBloombergが、カナダのスタートアップ企業MobeewaveをAppleが買収したことを報じました。報道によれば、買収金額は1億ドルで、Mobeewaveのスタッフは拠点であるモントリオールでそのまま業務続行。

Mobeewaveの専用アプリを使えば、外付けアクセサリ一切なし、スマホにクレジットカードをかざして、画面をタップすればカード情報を読み取り支払いを完了させることができます。個人店などで、スマートフォンに小さな端末を装着しカード決済するところがありますが、Mobeewaveならその外付け端末すらいらないという身軽さ。システムは、NFCを利用しています。

iPhoneにNFCチップが搭載されたのは2014年のiPhone 6から。同じ年、Apple Payもスタート。Appleが、近年、金融プロダクト・機能に力をいれているのは、Apple Cardの登場を見ても明らかです。Bloombergの取材にて、Apple担当者は、スタートアップ企業買収の目的や今後の計画は通常明らかにしていないとコメントしてはいますが、傍目にも想像つきますね。Apple製品が決済システムを兼ね備えることで、今まで以上に多くのビジネスにApple端末導入を促すことができますから。今回の買収で戦々恐々としているのは、きっとTwitter CEOのジャック・ドーシー氏。ドーシー氏は、スマとやタブレットで使える決済端末SquareのCEOでもありますから。

Mobeewaveに目をつけていたのはAppleだけじゃなかったんですけどね。昨年、Samsungが連携してお試し非接触支払いプログラムを行なっていました。さらに、Bloombergによれば、Samsungのベンチァーキャピタル部門がMobeewaveに出資もしていたそうで。

Source: Bloomberg

    あわせて読みたい