2階建てドロップハンドルが目を引くドイツ製e-Bike「Canyon Grail:ON」

  • 13,349

  • author 岡本玄介
2階建てドロップハンドルが目を引くドイツ製e-Bike「Canyon Grail:ON」
Image: Canyon Bicycles/Twitter

オフロードも舗装路も楽に乗れる電動チャリ。

ドイツの自転車メーカーCanyon(キャニオン)から、スポーツカーのスタビライザーみたいな2階建てドロップハンドルが印象的で、ドイツのBosch(ボッシュ)製モーターを装備した電動グラベルロード自転車「Grail:ON」がリリースされました。オフロード自転車のワンジャンル・グラベルロードのe-Bikeですね!

グラベルロードって何?

Video: Canyon Bicycles/YouTube

砂利道や森の中などを快適に走行できるオフロード系の自転車です。オフロード走行性能そのものはマウンテンバイクに劣るのですが、形状からわかるようにロードバイクをベースにしており、オンロード性能を両立している点が異なります。舗装路も快走できるオフロード自転車、というオールラウンダーなのです。

好きな位置をグリップできる2階建てハンドル

目につく2段構えのハンドルは「ダブル・デッカー・バー」と呼ばれるもの。水平のバー部分と曲線のドロップした部分、もしくはブレーキに親指を引っ掛けて握り変えられるだけでなく、弾力のあるカーボン素材が地面からの振動を吸収する働きを持っています。ハンドルが2段構えなことで、通常のドロップハンドルよりもより振動をいなしやすくなっているそうです。

Video: Canyon Bicycles/YouTube

最大340%のパワーでアシスト

モーターにはBoschの第4世代「Performance Line CX」が採用され、フレームと一体になっています。フル充電で120kmを走破し、容量は500Whで最大トルクは85Nm、重さは2.9kgとなっています。

200801_canyon4
Image: Canyon

公式サイトの説明いわく、4種のアシスト機能が選べ、自分の力の最大340%サポートするとのこと。そしていくつものセンサーが毎秒で1,000回以上の測定を行なっているため、登り坂や高めのギアからのスタートなど、いろんな条件下で最適なパワーを引き出すのだそうです。

中央低重心で乗りやすく、50mmタイヤと衝撃吸収をするカーボン製シートポストも装備されていることから、砂利道でもリラックスして乗れるドイツ製のeグラベル。

お値段は5,699ポンド(約79万3,000円)で、色はクラウド・グレイという銀色とディスカヴァリー・ブルーという水色があります。コンポはSRAM e-TapとシマノのGRXから選べます。オンロードはもちろん、山道が好きな人には気になる1台になるかもしれませんね。

Source: YouTube (1, 2), Twitter via Canyon (1, 2)

Grail:ON ほしい?

  • 0
  • 0
Canyon

シェアする

    あわせて読みたい